« これも博士、あれも博士 | トップページ | 70歳まで働く!@東洋経済 »

EUが中国労働改造所商品の禁輸を検討

6b410caf5015 EUobserver紙から、「貿易と労働」というテーマに関係する話題ですが、共産党体制下における強制労働収容所というもうすこしディープでもありうる問題。

http://euobserver.com/9/30878(EU considers ban on Chinese labour-camp goods)

> Under pressure from MEPs, the European Commission has hinted it is prepared to ban the importation of Chinese goods manufactured in forced labour camps.

欧州議会の圧力で、欧州委員会は中国の労働改造所で製造された商品の輸入禁止を準備することを示唆した。

>German centre-right MEP Daniel Caspary branded the Chinese products "blood-spattered goods", and called on the commission to put an end to their inflow.

議員曰く、「血まみれの商品」だ、と。

>"The commission fully agrees with the European Parliament that the Laogai [camp] system is completely incompatible with universally accepted concepts of human rights," said Mr Fuele.

He added that it was very difficult to verify which goods were being made in the camps - known as Laogai – of which China is thought to have roughly 500.

仰るとおりですが、といいつつ、どの商品が労働改造所(英語でも「ラオガイ」で通用するようです)製かを確認するのはとても難しい、と。

|
|

« これも博士、あれも博士 | トップページ | 70歳まで働く!@東洋経済 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/36939505

この記事へのトラックバック一覧です: EUが中国労働改造所商品の禁輸を検討:

« これも博士、あれも博士 | トップページ | 70歳まで働く!@東洋経済 »