« 週刊ダイヤモンド誌の解雇特集におけるhamachan発言 | トップページ | 『自由への問い6 労働』への書評 »

日本経団連の同一価値労働同一賃金

『労基旬報』8月25日号に、「日本経団連の同一価値労働同一賃金」を書きました。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/roukijunpo100825.html

|

« 週刊ダイヤモンド誌の解雇特集におけるhamachan発言 | トップページ | 『自由への問い6 労働』への書評 »

コメント

研究者じゃないと書けない内容ですね。
研究者でも書けないですけど。
ちなみに日本の現状が同一労働非同一賃金であると仮定するなら、私は以前から非同一労働同一賃金という対案もありだと思いました。社長もパートもみんな同じ賃金。
非正規労働運動を掲げる団体とかで主張してくれないですかね?

投稿: 赤いたぬき | 2010年8月23日 (月) 15時43分

>非同一労働同一賃金

「相違労働同一賃金」ってことですか?
それは共産主義では。


『ダイヤモンド』の特集を読みましたが、タイトルこそキャッチーであったものの、中身は非常に真っ当だと感じました。特に八代尚宏氏による金銭解雇についての解説は、濱口さんの言われる二重基準問題への処方箋として、非常に興味深いものでした。

氏については誤解されている向きも多いですが、非常に示唆に富んだ提言をされていると思います。

http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/08j040.pdf
http://www.jacd.jp/news/column/100513_post-49.html

投稿: 通りすがり | 2010年8月23日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本経団連の同一価値労働同一賃金:

« 週刊ダイヤモンド誌の解雇特集におけるhamachan発言 | トップページ | 『自由への問い6 労働』への書評 »