« 『POSSE』第8号のベーカム賛成派 | トップページ | 事務処理派遣とは何だったか? »

ドイツが求職者のフェースブック詮索を禁止へ

ロマ追放の騒ぎは依然として連日の報道ですが、ちょっと目先を変えて、ドイツ政府が国会に提出しようとしている労働者の個人情報保護法案の話題を。例によってEUobserver紙から。

http://euobserver.com/9/30685Germany to ban employers from snooping on Facebook)

>The German government has tabled a draft bill that would ban employers from profiling job applicants on social networks such as Facebook and prevent clandestine video surveillance at work.

採用しようとしている求職者がどんな奴かちょっと調べてやろう、と、フェースブックのようなソーシャルネットワークを使ってプロファイリングするのは禁止だよ、と。

>Under the envisaged law, employers would still be able to run Internet searches on the names on the persons they want to hire, as long as the information is publicly accessible or present on professional websites, such as LinkedIn.

もっとも、求職者の名前をインターネット上でサーチするのはかまわない。

>But becoming friends with the prospective employee or even hacking their Facebook account in order to get personal information will be illegal and punishable with a fine of up to €300,000.

でも、個人情報を得る目的で友だちになったりハッキングするのは30万ユーロの罰金。

>Presented by interior minister Thomas de Maiziere, the draft bill also includes a ban on secret video surveillance at work, after a series of scandals with big companies spying on their employees.

秘密ビデオカメラで従業員をスパイするのも禁止。

>Discount-supermarket chain Lidl, car manufacturer Daimler, as well as the state-owned railway operator Deutsche Bahn have been criticised in the media for having installed secret cameras at the cash-desks, in the fitting rooms and in toilets, and for having snooped on employee's emails and private accounts.

着替え室やトイレに隠しカメラを設置してた企業があるんですね。特に小売業の場合、商品を勝手に持ち出すのを見張りたいという気持ちは大きいようです。

|

« 『POSSE』第8号のベーカム賛成派 | トップページ | 事務処理派遣とは何だったか? »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/36397327

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツが求職者のフェースブック詮索を禁止へ:

« 『POSSE』第8号のベーカム賛成派 | トップページ | 事務処理派遣とは何だったか? »