« ナショナリズムと福祉国家 | トップページ | キャリア段位は半世紀前から既にそこにある »

出所者向けハローワーク

法務省が「出所者向けハローワーク」を計画しているようです。朝日から、

http://www.asahi.com/national/update/0831/TKY201008310226.html

>法務省は31日、刑務所出所者の再犯防止に向けた社会復帰支援対策をとりまとめ、発表した。「刑務所に再入所する人の7割が無職」という現状をふまえ、出所後の住居と仕事を定着させる施策などを盛り込んだ。

 「更生保護就労センター(仮称)」は、出所者向けのハローワークとも言える施設だ。NPOなどの民間団体に委託して、服役中から受刑者と雇用先とのマッチングを図る拠点を各都道府県に設ける計画だ。同省は来年度予算の概算要求の「特別枠」として約7億円を要望する。

これはもちろん大切なことですが、アフターケアの性質などから考えると、むしろ労働者派遣システムを活用して、「ご心配かも知れませんが、何かあっても使用者責任は問われませんから、とにかく一度使ってみてください」というやり方が有効である分野なのではないかという気もします。もちろん、(医者以上に)公的な仕組みでやらないと危険ですが。

|

« ナショナリズムと福祉国家 | トップページ | キャリア段位は半世紀前から既にそこにある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出所者向けハローワーク:

« ナショナリズムと福祉国家 | トップページ | キャリア段位は半世紀前から既にそこにある »