« トッププライオリティはもちろん雇用創出です@OECD | トップページ | 週刊ダイヤモンド誌の解雇特集におけるhamachan発言 »

労働法学者は判例集に掲載されているケースでしか解雇の実態を知らない

Dw_m ある弁護士の方のつぶやきに、わたくしの『週刊ダイヤモンド』最新号の記事における発言が引用されているのですが、

http://twitter.com/kamatatylaw/status/21800761860

>濱口桂一郎氏は「労働法学者は判例集に掲載されているケースでしか解雇の実態を知らない」と。有給休暇をとろうとしたら「うちには有給はない」と言われて解雇された人や「女性らしい笑顔が足りない」として解雇された人の話もでている。中小企業の実態はそんなものだろう。

悲しいことに、当の私はまだその(公式には明日発売の)記事を読めていないのです。

|

« トッププライオリティはもちろん雇用創出です@OECD | トップページ | 週刊ダイヤモンド誌の解雇特集におけるhamachan発言 »

コメント

大手企業でさえこういう話は横行していますよ。
しかしこんな非現実的でアホな特集を組むなんて週刊ダイヤモンドもヤキが回ったとしか思えない。

投稿: ウエストウイング | 2010年8月23日 (月) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働法学者は判例集に掲載されているケースでしか解雇の実態を知らない:

« トッププライオリティはもちろん雇用創出です@OECD | トップページ | 週刊ダイヤモンド誌の解雇特集におけるhamachan発言 »