フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 非正規労働問題についての「結論」 | トップページ | ナショナリズムと福祉国家 »

2010年8月31日 (火)

大風呂敷を広げるのはエセ経済学者

また、野川先生のつぶやきに反応しますが・・・。

http://twitter.com/theophil21/status/22574090872

>経済学者はなぜ大風呂敷を広げたがるのだろう。社会を分析するのに、法律学は「規範」や「制度」という窓を通して見た場合にどうなるのか、を示している。同じように経済学は「経済」という窓を通してみたらこうなる、と言っているだけだ。それなのに「経済がわかれば世界がわかる」と言い募っている。

少なくとも、清家先生や樋口先生をはじめとするまっとうな労働経済学者でそんなことを言っている人はいないと思います。

そういう大風呂敷を広げているのは、インチキ商品を売りつけるのに忙しいエセ経済学者であると心得ればいいのではないでしょうか。

そういうのが世にはびこるのが困ったことではありますけど、いきなり「経済学者は・・・」と決めつけると、迷惑な方々がたくさんおられますので。

« 非正規労働問題についての「結論」 | トップページ | ナショナリズムと福祉国家 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大風呂敷を広げるのはエセ経済学者:

« 非正規労働問題についての「結論」 | トップページ | ナショナリズムと福祉国家 »