« 樋口美雄先生インタビュー | トップページ | これでもかこれでもか ワーキングプア120連発 »

2010年7月18日 (日)

会社役員に女性クォータ制の導入?

会社役員というのは雇用される労働者ではありませんので、正確にいえばこれは「EUの労働法政策」には当てはまらないことになるわけですが、男女共同参画政策という観点から大変興味深いことを検討しているようです。EurActiv紙より

http://www.euractiv.com/en/enterprise-jobs/eu-mulls-gender-quotas-on-companies-boards-news-496351(EU mulls gender quotas on company boards )

>The European Commission is considering introducing quotas to tackle gender imbalances in the decision-making bodies of private companies, where only 10% of members are women.

民間企業の意思決定機関における男女インバランス(現在女性は10%)を是正するため、会社役員へのクォータ制の導入を欧州委員会が検討していると。

>"Equality in decision-making is not yet a fact," EU Fundamental Rights Commissioner Viviane Reding told a hearing of the European Parliament's women's rights and gender equality committee yesterday (14 July).

"I do not rule out the possibility of putting forward legislation in this area," she added.

法制化も辞さない、とレーディング男女平等担当員が欧州議会で述べたということです。これまでは労働社会政策担当委員が男女平等も担当していたのですが、今年の新欧州委員会から独立したのですね。

>People close to the commissioner told EurActiv that the most likely action could be aimed at the private sector, with the introduction of gender quotas for boards of directors of top European firms.

彼女の側近によると、一番考えられる行動は、民間大企業の取締役会に性別クォータを導入することであると。

>Reding considers the introduction of binding quotas as a last resort should companies prove incapable of voluntarily adapting their gender balance. There have been suggestions that an initial quota of 20% or more could be applied, but the Commission insists it has no precise figure in mind at the moment.

企業が自主的にやらないときは強制力あるクォータを導入し、それは20%以上を想定しているようだと。

|
|

« 樋口美雄先生インタビュー | トップページ | これでもかこれでもか ワーキングプア120連発 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/35793835

この記事へのトラックバック一覧です: 会社役員に女性クォータ制の導入?:

« 樋口美雄先生インタビュー | トップページ | これでもかこれでもか ワーキングプア120連発 »