« 法律抜きに公務員労働問題を論じても役に立たない | トップページ | 『人材ビジネス』8月号 »

2010年7月31日 (土)

サルコジ大統領がジプシー追放命令

あんまり日本の新聞は報道していないようですが、フランスのサルコジ大統領が不法入国のロマ族(いわゆるジプシー)の違法キャンプを叩き潰して国外に追い出せ!と命じたようです。

http://euobserver.com/851/30557(Sarkozy targets Roma for explusion)

>French President Nicolas Sarkozy on Wednesday (28 July) announced his government is to order police to round up allegedly illegal migrants of Roma ethnicity for expulsion from French territory and destroy their encampments.

The announcement was the result of a cabinet meeting dedicated to the subject called after officers shot and killed a gypsy youth in the Loire Valley, provoking a riot by others of his community.

ロマ族の若者警官が射殺する殺されるという事件があり、暴動に発展したようです。

>Mr Sarkozy said that Roma encampments established illegally "will be systematically evacuated."

>The president's office put out a statement accusing the camps of being "sources of illegal trafficking, of profoundly shocking living standards, of exploitation of children for begging, of prostitution and crime".

ロマ族の違法キャンプは犯罪の巣窟だ、と。

彼らロマ族の多くはルーマニア、ブルガリア出身で、政治的動機により進められてきたEU拡大の一つの裏面ということになるのかも知れません。

|
|

« 法律抜きに公務員労働問題を論じても役に立たない | トップページ | 『人材ビジネス』8月号 »

コメント

officers shot and killed a gypsy youth in the Loire Valley, provoking a riot by others of his community.

警官たちがロマ族の一人の若者を射殺し
そのことが仲間たちの暴動を引き起こした
という意味では?

投稿: xhaoto | 2010年7月31日 (土) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/35965436

この記事へのトラックバック一覧です: サルコジ大統領がジプシー追放命令:

« 法律抜きに公務員労働問題を論じても役に立たない | トップページ | 『人材ビジネス』8月号 »