フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« フランスのウォーキエ雇用相の昼食会 | トップページ | 川人博『過労死・過労自殺大国ニッポン』 »

2010年7月 3日 (土)

協同総研にて

本日、協同総研の「新しい公共と市民自治」研究会に呼ばれて、お話をして参りました。

http://jicr.roukyou.gr.jp/blog/archives/2010/0616_1427.php

>協同合研究所7月の研究会 
「新しい労働社会」をどう創造するか -雇用・就労システムの再構築へ-

「正規労働者であることが要件の、現在の日本型雇用システム。その不合理と綻びは、もはや覆うべくもない。
正規・非正規の別を超え、合意形成の礎をいかに築き直すか。問われているのは民主主義の本分だ」と、
昨年7月に発行された『新しい労働社会』(岩波新書)が、労働組合をはじめ各界・研究者の注目を集めています。

濱口さんからは「旧労働省時代に勤務していた頃より、労働者協同組合(事業団運動)に注目しており、
『労働法政策』(ミネルヴァ書房)という教科書にも、労働者協同組合に触れています」と、紹介されました。
研究会では、「新しい労働社会」で提起された雇用システムの再構築にあたって、
いま何が求められているのかについてお話し頂くと共に、
先頃日本労協連が発表した「新時代の労働政策-完全就労社会へ」、
また「協同労働の協同組合」とその法制化の意義についても、コメントしていただく予定です。
会員以外の方も、ぜひ、ご参加ください!

■日時:2010年7月3日(土)13:30~16:45
■講師:濱口 桂一郎さん
(独立行政法人 労働政策研究・研修機構 労使コミュニケーション部門統括研究員)
■会場:日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会 6階大会議室
      東京都豊島区池袋3-1-2 光文社ビル6階
      (JR池袋駅 歩10分/地下鉄要町駅 歩3分)

お話の主たる部分は拙著の内容の概略でしたが、最後のところで「協同労働の協同組合」について若干のコメントをしたところ、質疑の大部分がそちらに集中しました。

大変熱っぽい質疑応答になったと思います。

« フランスのウォーキエ雇用相の昼食会 | トップページ | 川人博『過労死・過労自殺大国ニッポン』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 協同総研にて:

« フランスのウォーキエ雇用相の昼食会 | トップページ | 川人博『過労死・過労自殺大国ニッポン』 »