フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« カミオーカーさんの拙著書評 | トップページ | 『経営法曹』164号 »

2010年7月 4日 (日)

蓼沼謙一『戦後労働法学の思い出』労働開発研究会

03292933 労働開発研究会の末永さんより、蓼沼謙一先生の『戦後労働法学の思い出』をお送りいただきました。実は、わたくしは世代が違いすぎて、蓼沼先生と直接お会いして言葉を交わしたことはないのですが、その著作集は以前から読ませていただいておりました。

本書は、労務屋さんの言葉を借りれば「多くは一人称で書かれた自伝的な本ですが、労働法学の目からみた戦後労働運動史という趣もあり、労働法学がさまざまな局面と格闘してきたことに思いを致されます」という本でありまして、我々のような世代からすると神話伝説に属する時代の生き生きとした証言となっております。

http://www.roudou-kk.co.jp/books/

>•本書は戦前の僅かばかりの蓄積のうえに、第二次大戦後になってほとんどゼロから出発した戦後労働法学の草創期に労働法研究を志し、常にその第一線で学界をリードしてこられた蓼沼謙一先生による労働法学50年の回顧であり、ご自身の長年にわたるご研究についての回顧録である。
•本書は季刊労働法上に連載された論説をまとめ、先生ご自身による大幅な加筆修正が行われ、決してその題名通りに思い出の書にとどまらず、なぜ労働法を研究するのかなど、これからの世代に対する強烈なメッセージが込められている。

内容は以下の通りですが、

  1. 戦後労働法学の草創期
  2. 労働法学会発足のころ
  3. 第二世代
  4. 末弘中労委
  5. ゼネスト禁止令
  6. 政令101号前後
  7. 初期協約まで
  8. 労組法改正前後
  9. 大量整理
  10. 初期労働法学
  11. 講和問題
  12. 臨時工問題の今昔
  13. ピケ法理
  14. 学史の節目
  15. 高度成長始動期
  16. ぐるみ闘争と春闘
  17. 職場闘争論
  18. 組合分裂
  19. 組合分裂と法
  20. いわゆる企業別脱皮
  21. 合同労組運動
  22. 逆締付け
  23. 四・一七スト問題
  24. 終身雇用と法
  25. 高度成長期の春闘
  26. スト権スト前史
  27. スト権スト
  28. 労組=誓約集団論
  29. 低成長期へ
  30. 石油危機以後の労働法学
  31. 労使関係の日本的特色
  32. 日本的雇用の変容

日本的雇用システムについて書かれた項もそれなりに面白いですが、やはり激動の時期をくぐり抜けてこられた先生の自伝としての部分がなにより興味を惹きます。

一点ちょっと気になったことをメモ。末弘中労委のところで、「今日では信じがたいという人が多いであろうが、初期中労委には、末弘会長の意向により、戦後再建された日本共産党の初代書記長、徳田球一氏が労働者委員が加わっていた」という記述があります。

わたくしが『労使コミュニケーション』に書いた「労働行政」で引用した終戦直後の時代の労政課長だった中西実氏の回顧録では、

>この人選は中西労政課長の判断で、幣原首相が「共産党を公的機関に入れるのは早すぎる」と怒ったらしいが、本人は「誰にも相談しなかったが、あのころは本省の課長というのはえらかったものだ」と後に回想している*8。

>木田進(1983)『OBが語り継ぐ戦後労働行政史』、1983年。これは中西実へのインタビュー記録である。

と書かれておりました。真相はどうだったんでしょうか。

« カミオーカーさんの拙著書評 | トップページ | 『経営法曹』164号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓼沼謙一『戦後労働法学の思い出』労働開発研究会:

« カミオーカーさんの拙著書評 | トップページ | 『経営法曹』164号 »