« 『生活経済政策』6月号 | トップページ | 『経営法曹研究会報』63号 »

ひとりごと

田中萬年先生はもちろん職業訓練に関しては斯界の第一人者ではあるけれど、現実の政策過程の理解についてはいささかナイーブ。ナイーブであること自体は必ずしも悪ではないけれども、時と場合によってはいささかミスリーディングであり得る。それ以上は言わないし、言えない。分かる人は分かるし、分からない人は分からない。

|

« 『生活経済政策』6月号 | トップページ | 『経営法曹研究会報』63号 »

コメント

このひとりごとを田中萬年先生がだいぶ気にされているご様子で、審議会の質疑の客観的な紹介すら「ミスリーディングしては問題」とはばかられておられます。
「分かる人」にしか「分からない」ような正体不明なひとりごとは、有害無益だし、何よりも田中蔓年先生に失礼だと思います。
私も分からないですが、例えば「暴走しているのは役人ではない」ぐらいは、はっきりおっしゃればいいのに。

投稿: いたりあん(分からない人) | 2010年6月 2日 (水) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと:

« 『生活経済政策』6月号 | トップページ | 『経営法曹研究会報』63号 »