« 野田知彦『雇用保障の経済分析』の「あとがき」から | トップページ | 『生活経済政策』6月号 »

派遣法改正をどう読み解くか

本日、NPO法人 人材派遣・請負会社のためのサポートセンター主催の派遣・請負問題検討のための勉強会「今後の社会の方向と人材ビジネスを考える」でお話しして参りました。

http://npo-jhk-support119.org/upload/20100527seminar2/20100527seminar2annai.pdf

まず、宮本太郎先生の「日本の雇用・社会保障と民主党政権の課題」という大変包括的な講演があり、そしてそのあとわたくしが「派遣法改正をどう読み解くか」という個別論をするという組み合わせです。

250人を超える方々に聴きにいらしていただきました。ありがとうございます。どこまでご期待に添える内容だったかはわかりませんが、なにがしかのお役に立てれば幸いです。

聴衆の中から思わぬ方と再びお会いしました。NPO法人人財フォーラム(労働新聞社)の由比藤さん、一昨年労働教育の研究会にいらしていただいて、「高校生に働く権利の出前授業」についてお話ししていただいた方です。アコーディオン型の『知っておきたい労働法基礎知識』の新バージョンも頂きました。ありがとうございます。

|

« 野田知彦『雇用保障の経済分析』の「あとがき」から | トップページ | 『生活経済政策』6月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 派遣法改正をどう読み解くか:

« 野田知彦『雇用保障の経済分析』の「あとがき」から | トップページ | 『生活経済政策』6月号 »