« 別れる前にお金をちょうだい | トップページ | 海老原嗣生『「若者はかわいそう」論のウソ』扶桑社新書 »

『現代思想』6月号「特集ベーシックインカム」

Isbn9784791712144 雑誌『現代思想』の6月号が「ベーシックインカム」という特集を組んでいます。

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0%A1%A1

>特集=ベーシックインカム  要求者たち

【BIの現在地】
ベーシック・インカムと社会サービス構想の新地平 社会サービス充実の財源はある / 小沢修司

【討議】
ベーシックインカムを要求する / 立岩真也+山森亮

【BIの思想】
バイオ資本主義とベーシック・インカム / アンドレア・フマガリ (訳=柴田努)
残余から隙間へ ベーシックインカムの社会福祉的社会防衛 / 小泉義之
ベーシックインカムの神話政治 / 白石嘉治

【要求者/共鳴者たち】
~シングルマザー~
  母子家庭にとってのベーシックインカム / 中野冬美
  内なるスティグマからの解放 「個」 の自律にむけて / 白崎朝子
~障害者~
  障害者の所得保障とベーシックインカム 障害者が豊かに生活しつづけるために / 三澤了
~介助者~
  ベーシックインカムがあったら、介助を続けますか?
   介助者・介護者から見たベーシックインカム / 渡邉琢
~学生~
  大学賭博論 債務奴隷化かベーシックインカムか / 栗原康

【労働/福祉の変容】
基本所得は福祉国家を超えるか / 新川敏光
就労支援・所得保障・ワークフェア アメリカの福祉政策をもとに / 小林勇人
貧困という全体性 「複合下層」 としての都市型部落から / 岸政彦

【BIと経済/社会】
ベーシック・インカムをめぐる本当に困難なこと / 関曠野

【「南」 のBI】
「道具主義」 と 「運動」 のはざまで 現金給付の拡大と 「南」 のBIの展望 / 牧野久美子

なかなか面白い議論を展開しているものや、何を言ってるんだかよく理解しがたいものや、気持ちは気持ちとして良く伝わってくるものや、いろいろと取り合わせられていて、買って読んで損はしないと思います。

私自身のものも含め、BIをネオリベラルな思想として批判する傾向が出てきていることへの危機感がいくつかの論文に出てきているのが興味深いところでした。たとえば、冒頭の小沢修司論文では、まず最初に「新自由主義的BI論への危惧」として、

>それは、近年の新自由主義的BI論の隆盛とそれに対する危惧の念が広がっていることについてである。BIJN設立集会の場でも新自由主義的BI論に対する懸念の声が多く聞かれた。なかには、BIがそういうものであるならBIへの期待は返上し反対の立場に立つとの超えも寄せられた

という声を紹介し、

>このように、BI論と社会サービス解体論が手を結ぶ事態となると、それへの反発が生まれることは当然の道理である。・・・そこではBI(手当)支給か社会サービスの充実化という二者択一の論点が設定されることになる。

>しかし、それは大いに間違っている。筆者は、BIも社会サービスの充実も両方必要であると考える。

と述べて、「所得保障と社会サービスは車の両輪」だと主張します。

>BIは万能ではない。新自由主義的BI論が主張するような、BIを導入すれば従来の福祉は不要となる、公務員も不要となる、社会サービスは解体して市場からのサービス購入で事足りるという「BIは夢の特効薬」という議論は、BI論そのものではない。

そんなものをBI論だと思われて一緒に叩かれるのは嫌だ、という気持ちはよく伝わってきますが、とはいえ、アカデミズムや特殊なサークルを除けば、「そんなもの」しかBI論として世間に通用していかないという実情も、それはそれなりの理由があるのではないかと思います。

少なくとも現在ですら著しく低水準にある現物給付の社会サービスを抜本的に拡充しつつ、さらに加えて十分働ける人々にも無条件に毎月8万円なにがしを配るのです、というような議論が、財政的に実現可能性のある議論として、まっとうな実務論壇で相手にされにくいのは、あながちそこの人々の志が低いからだと罵れば済むというわけでもなかろうと思われます。

これに続く、山森亮氏と立岩真也氏の対談も、興味深い言葉がいくつも出てきます。

(追記)

ちなみに、同じ特集の中の栗原康氏の「大学賭博論 債務奴隷かベーシックインカムか」という文章が、なんというか、もう「へたれ人文系インテリ」(@稲葉振一郎)の発想そのものという感じで、大変楽しめます。

栗原氏にとって、大学とは、

>一つは予測可能な見返りのある大学、もう一つは予測できない知性の爆発としての大学、この二つである。

ところが、前者の大学において「就職活動のための授業カリキュラム」というのは、

>コミュニケーション能力、情報処理能力、シンボル生産能力、問題解決能力、自己管理能力、生涯学習能力・・・・・・・・

と、まさしくシューカツ産業が提示する人間力以外の何ものでもないようです。大学で本来学ぶことになっているはずの知的分野は、卒業後の職業とは何の関係もないというのが、絶対的な前提になっているわけですね。

つまり、栗原氏にとっては、大学が大学としてその掲げる学部や学科の看板の中身というのは、原理的に「予測可能な見返り」のあるものではなく、「予測できない知性の爆発」という賭博でしかない、というわけで、まあ典型的なへたれ人文系インテリの発想ということなんですが、なんでこれがベーシックインカム論の特集に入ってくるかというと、

>大学には、二つの道がある。一つは債務奴隷化、もう一つはベーシックインカムである。・・・・・・この賭に負けはない。自分の身を賭して、好きなことを好きなように表現してみること。・・・・・・・

と、好きなことを好きなようにやるんだから、その生活費をお前ら出せよ、という主張につながってくるからなんですね。

いうまでもなく、大学という高等教育機関はへたれ人文系の学問ばかりをやっているわけではなく、大学で学ぶ学問それ自体に職業的レリバンスが高い分野も多くあります。そういう高級職業訓練機関に学ぶ学生がきちんと訓練を修了し、高い技能を持った労働者として就職していけるように、その生活費の面倒を見ようというのは、別段ベーシックインカム論を持ち出さなくても、アクティベーションの考え方からも十分説明できますし、むしろより説得的に説明できるでしょう。

大学や大学院の授業が給付付き職業訓練であっていけないなどというのは、本質的に同じものである「教育」と「訓練」を勝手に役所の縦割りで区別しているからだけのことであって、その方が頭が歪んでいるのです。職業訓練を受けるために学生を債務奴隷にするなんて、(教育政策としてはともかく)労働社会政策としては歪んでいるわけですから。

ところが、栗原氏の議論には、そういう発想はないんですね。学生に生活費を支給すべき根拠は、その受講する職業訓練の社会的有用性ではなく、「好きなことを好きなように表現してみること」であるわけです。

まさに、好きなことをやるかわいい子どもに糸目を付けずに大盤振る舞いしてくれる豊かな親になってくれよ、それがあんたらの責任だ、というのがへたれ人文系ベーシックインカム論であるようです。それは、親の年功賃金によっていままで維持されてきた仮想空間を全面的に拡大しようという試みなのでしょうが、いうまでもなくそれが実現する見込みは乏しいでしょうね。

|
|

« 別れる前にお金をちょうだい | トップページ | 海老原嗣生『「若者はかわいそう」論のウソ』扶桑社新書 »

コメント

まあ、「職業的レリバンス」のある教育を行っている高等教育機関など「専門学校」に過ぎない、へたれ人文系の「ガクモンのためのガクモン」をやる場所だけを「大学」と呼ぶのだなんてことを言っている国もヨーロッパにはまだあるみたいですからねぇ。日本でも戦前の「大学は出たけれど」なんて言われた頃の帝大はそういう高等遊民養成所だったんでしたっけ。

投稿: koge | 2010年5月31日 (月) 08時19分

こんにちは。

hamachanさんは無条件のベーシックインカムには反対されていて、その理由には、
「働けるのに働こうとしない者にまで支給する制度だから」
というものがあると思います。
この点について、hamachanさんの考えを、もっと詳しく教えて下さい。

投稿: kyunkyun | 2010年6月 4日 (金) 18時11分

私の考え方は既にいろいろと書いています。それについて具体的に疑問を提示するのでもなく、いきなり包括的に「○○について論ぜよ」というような聞き方をするのは、私であれば失礼ではないかと思ってやらないと思います。もちろん思わない人がいてもいいのですが、私がそれにおつきあいして、きちんと論じれば膨大になるようなコメントをここに書き込むべき筋合いはないと思います。少なくとも、いきなり挙証責任をわたくしに転換される覚えはないというのが、正直な感想です。

投稿: hamachan | 2010年6月 4日 (金) 22時05分

こんにちは、hamachanさん。
大変失礼しました。
それでは、かなり違った形の質問になると思いますが、もう少し具体的にお聞きしてみたいと思います。

こちらのブログで、初めてベーシックインカムに対するhamachanさんの想いを知った記事はこちらになります。
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_a922.html

この記事のコメント欄で、『働かざる者食うべからず』 に関連したアンケートを紹介させていただき、それに対するコメントレスもいただきました。
そのコメントレスの最後の方に、
>「あとは哲学の問題ということになります。」
といただきました。

この質問は、もしかしたらその哲学的な問いになるかもしれませんが・・・。

ベーシックインカムがまだ実現していない今の社会は、
「働くことは良いことで、働かないことは良くないこと」
という社会だと思います。

それに対して、ベーシックインカムが導く社会とは、
「働くことは良いことで、働かないことも良いこと」
という社会ではないかと思っています。
これは、その個人がどのような生き方をしていても、まずその個人の
「存在自体が肯定される」 ということだと思います。

hamachanさんは、
「働くことは良いことで、働かないことも良いこと」
という社会、
「個人の存在自体がまず肯定される」
という社会は、賛成ですか? 反対ですか?

投稿: kyunkyun | 2010年6月 6日 (日) 06時15分

そもそも、あなたの疑問の前提が理解できません。

>ベーシックインカムがまだ実現していない今の社会は、「働くことは良いことで、働かないことは良くないこと」という社会だと思います。

どうしてそういうことになるのか理解できません。

ましてや、

>それに対して、ベーシックインカムが導く社会とは、「働くことは良いことで、働かないことも良いこと」という社会ではないかと思っています。
これは、その個人がどのような生き方をしていても、まずその個人の「存在自体が肯定される」 ということだと思います。

というのは、全く理解を絶しています。

そういう理解できないことを前提にして、

>hamachanさんは、
「働くことは良いことで、働かないことも良いこと」
という社会、
「個人の存在自体がまず肯定される」
という社会は、賛成ですか? 反対ですか?

などと聞かれても、答えようがありません。

挙証責任を勝手に転換されても、それを受け入れる筋合いはないということです。

投稿: hamachan | 2010年6月 6日 (日) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/34958470

この記事へのトラックバック一覧です: 『現代思想』6月号「特集ベーシックインカム」:

« 別れる前にお金をちょうだい | トップページ | 海老原嗣生『「若者はかわいそう」論のウソ』扶桑社新書 »