« CIETTの厚労相宛書簡 | トップページ | 苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学』 »

「卒業イコール失業者 就活、もう限界です」@『週刊金曜日』

100402_793 『週刊金曜日』の4月2日号が、「卒業イコール失業者 就活、もう限界です」という特集。

http://www.kinyobi.co.jp/backnum/tokushu/tokushu_kiji.php?no=1045

>今春の大卒内定率は史上最低を記録、高卒内定率も低迷した。
このままでは第二のロスジェネ世代を生み出しかねない。
解決策はどこにある? 就職活動の現状と問題を探った。

■就活貯金、保護者向け説明会
 労働市場で最も好条件のはずなのに
 瀬下美和

◆高井美穂・文部科学大臣政務官に聞く
 未就職卒業生に職業訓練と生活支援を制度化

◆怪しい身元調査の実態
 尾仲 丙太

■セクハラ、パワハラ、契約違反……
 企業が別の顔を現すとき
 小林 蓮実

このご時世に、入社が決まったその企業、手に入れた正社員の椅子。
でも、入社までは本性を隠すような企業も存在する。そこで、企業が別の顔を
現した事例と、被害にあっても泣き寝入りしないで済む方法を紹介する。

■弊害が顕著な新卒一括採用
 ルール自体が有効期限切れの「大卒就職」
 本田 由紀

学生・企業・大学が「就活」に払っているコストは、バカ高くないか。
それに見合うだけのベネフィットは?
耐えるだけじゃ、もう立ちゆかない。いまこそ構造転換を提起する。

さらに、編集部が「就活を考えるための6冊」というのを挙げています。

『就活のバカヤロー』『これから就活を始める君たちへ』『就活って何だ』『就活廃止論』『大卒就職の社会学』『教育の職業的意義』の6冊です。

|
|

« CIETTの厚労相宛書簡 | トップページ | 苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/34098111

この記事へのトラックバック一覧です: 「卒業イコール失業者 就活、もう限界です」@『週刊金曜日』:

« CIETTの厚労相宛書簡 | トップページ | 苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学』 »