フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« twitter上の拙著簡評 | トップページ | 大学の2/3を職業訓練校にせよという議論 »

2010年4月17日 (土)

OECDの若者雇用ワーキングペーパー

4月14日付で、OECDが若者雇用に関するワーキングペーパー「Rising youth unemployment during the crisis: how to prevent negative long-term consequences on a generation」を公表しています。

http://www.olis.oecd.org/olis/2010doc.nsf/LinkTo/NT000028DE/$FILE/JT03281808.PDF

先日中島ゆりさんと一緒に、OECDの『日本の若者と雇用』を翻訳出版したところですが、OECDの若者雇用政策をざっと概観するのには最適です。英語ですけど、実質20頁ほどで、読みやすいと思います。ここではごく一部ですが、

最後の「危機は構造改革を推進する機会である」という章の中の次の一節をご紹介しておきます。

>An education system that helps children and youth from all backgrounds realise their full potential is vital for continued prosperity and for reducing labour market exclusion among youth. It is apparent in many countries that working while in school is becoming a more important and effective part of the school-to-work transition than the traditional model of school first, then work. The first policy objective ought to be to prevent young people from dropping out of school in the first place. Second, youth at risk of dropping out of school and low achievers should receive a second chance through apprenticeship (see e.g. the French emergency plan, Box 7) to acquire skills needed on the labour market. Third, students should receive financial incentives such as performance-based scholarships conditioned on combining work and study to facilitate their school-to-work transition and obtain the skills the economy will need in the near future.

・・・学校に在籍しながら働くことは、伝統的な「まず学校、それから仕事」モデルよりもずっと重要で効果的だと多くの国で明らかになってきた。第一の政策目標は学校からのドロップアウトを防ぐことだが、第二にドロップアウトの危険にある若者や成績不良者は労働市場で必要な技能を身につける徒弟制を通じてセカンドチャンスを得るべきだ。第三に、生徒たちは学校から仕事への移行を円滑にするために仕事を学習を結合することを条件とする成果に基づく奨学金のような金銭的インセンティブを受け、経済が近未来において必要とする技能を獲得するべきだ。

>Promote the combination of work and study. The experience of combining work and study through apprenticeships, internships and student jobs facilitates labour-market entry. School-based education and academic fields of study could be professionalised through the use of compulsory on-the-job internships. During the period of labour market slack, governments should at least prevent a drop in the number of these work-study options. In this context, the US government decision to provide additional funding for summer jobs programmes during the crisis and early phases of the recovery is welcome to facilitate access of youth to on-the-job training (Box 4).

労働と学習の結合を促進せよ。徒弟制、インターンシップ、学生仕事を通じた労働と学習の結合の経験は、労働市場への参入を容易にする。学校ベースの教育と学習の学問分野は、強制的なオンザジョブインターンシップの活用によって職業的なものにすることができる。労働市場が緩和している間は、政府は少なくともこういった労働-学習のオプションの数が減少するのを防ぐべきだ。この文脈で、アメリカ政府の経済危機と回復の初期段階における夏休みジョブプログラムを提供する決定は、若者のオンザジョブトレーニングへのアクセスを容易にするので歓迎すべきだ。

なお、上記翻訳書については、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-0da2.html(OECD『日本の若者と雇用』ついに刊行!)

また、この本の翻訳者である中島ゆりさんのインタビュー記事は:

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-b5d0.html(ニッポンの「失われた20年」にもっとも失われたのは若者の雇用だった@『月刊連合』4月号)

« twitter上の拙著簡評 | トップページ | 大学の2/3を職業訓練校にせよという議論 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OECDの若者雇用ワーキングペーパー:

« twitter上の拙著簡評 | トップページ | 大学の2/3を職業訓練校にせよという議論 »