« 『季刊労働法』228号 | トップページ | 「極めて非典型」な労働者 »

最近の拙著書評いくつか

さすがに出版から8ヶ月近くなり、拙著への書評も連日のようだった一時の勢いはなくなってきましたが、それでもときどきネット上に出てきます。

学ゼミ読書会の「しょひょうとかかいたり」というブログで、

http://gakuzemi.blog118.fc2.com/blog-entry-8.html(「はたらけど、はたらけど……」とは仰いますが)

あと、twitterで2件ほど。

3月9日 by FewZio
http://twitter.com/fewzio/status/10241083491(『新しい労働社会』を読んで、なかなか良く問題を捉えていると思った。ところがネットで見ると、著者の濱口氏を非難している人がいる。調べてみて、その非難には根拠がないことがわかった。なんとまぁ)
 
3月9日 by meizentower
http://twitter.com/meizentower/status/10233497194(濱口桂一郎『新しい労働社会』岩波新書、2009。急いで読んだからあまり頭に残ってないが、近年のトピックに対してもバランスよく議論出来ているのでは、と個人的には思います。)

|

« 『季刊労働法』228号 | トップページ | 「極めて非典型」な労働者 »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/33805915

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の拙著書評いくつか:

« 『季刊労働法』228号 | トップページ | 「極めて非典型」な労働者 »