« 『経営法曹』メンタルヘルス特集 | トップページ | 東大教師が新入生に勧める本 »

EUの新成長戦略

生活経済政策研究所の『生活経済政策』2020年4月号に、わたくしの「EUの新成長戦略-知的で持続可能で包摂的な成長」が掲載されています。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/eu2020.html

>本年3月3日、欧州委員会は『欧州2020-知的で持続可能で包摂的な成長への欧州戦略』(EUROPE2020 A European strategy for smart, sustainable and inclusive growth)(COM(2010)2020)を公表した。これは、2010年を目標年度に2000年に策定されたリスボン戦略を受け継ぎ、次の10年間のEUの経済社会政策の基軸となるべき戦略である。昨年11月24日に欧州委員会作業文書として一般協議が行われ、各国の政府、労使団体、NGO、専門家、一般市民など1400通もの回答を踏まえて、とりまとめられたものである。本稿では、労働社会政策分野に重点を置きつつ、この新戦略の全貌を紹介したい。

最後のところで引用している「社会保護社会的排除統合報告書」のプレス発表資料のタイトルの「有効な社会政策なくして出口戦略なし」という台詞は、なかなかキメのいい台詞です。

わたくしの論文のほかには、特集として「新たな公共事業の可能性」などが載っています。

|
|

« 『経営法曹』メンタルヘルス特集 | トップページ | 東大教師が新入生に勧める本 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/33955268

この記事へのトラックバック一覧です: EUの新成長戦略:

« 『経営法曹』メンタルヘルス特集 | トップページ | 東大教師が新入生に勧める本 »