« 『面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと』 | トップページ | 「地域」に主権はないはず »

2010年3月15日 (月)

『進歩と改革』3月号で鳴海洽一郎さんが拙著書評

No699 一昨日予告したように、雑誌『進歩と改革』3月号に、鳴海洽一郎さんの拙著『新しい労働社会-雇用システムの再構築へ』に対する書評が載っております。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/20100315105749275_0001.pdf

わたくしの主張に対して、

>本書の論旨は、コスト競争で日本的雇用システムが維持できなくなっている今日、企業にとってもメリットのある改革だと思われる。社会保障費の財源負担をめぐる重い課題もあるが、これらの作業に産業別の労使が共同で取り組むことができれば、その過程で自立した新しい産業民主主義の素地が作られ、展望が開かれるのではないか。

と大変積極的に評価していただいております。

|
|

« 『面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと』 | トップページ | 「地域」に主権はないはず »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/33779964

この記事へのトラックバック一覧です: 『進歩と改革』3月号で鳴海洽一郎さんが拙著書評:

« 『面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと』 | トップページ | 「地域」に主権はないはず »