フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 高い労働コストがデフレリスクを排除 | トップページ | 苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学』 »

2010年2月 6日 (土)

『労働法律旬報』2010年1月合併号

Roujun1001ab 『労働法律旬報』2010年1月合併号(1711+12号)が送られてきました。これは労旬60周年記念号ということで、「現在日本の労働法の課題」という特集を組んでいます。

http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/581?osCsid=7e7f8bd7589dda7c1e14b1a810e170b1

[巻頭]労働法における実務と理論の意義―労働法律旬報60周年に思う=西谷敏・・・4
[特集1]現在日本の労働法の課題・・・14
深谷信夫/吉田美喜夫/萬井隆令/脇田滋/和田肇/山﨑文夫/藤本茂/石井保雄/土田道夫/島田陽一/新谷眞人/辻村昌昭/鎌田耕一/三井正信/林弘子/藤原稔弘/川口美貴/矢野昌浩/濱口桂一郎/高橋賢司/相澤美智子/斉藤善久/川田知子/柳澤武
[随想]労旬60年を振り返って・・・69
籾井常喜/中山和久/片岡昇/外尾健一/山本博/上条貞夫/坂本福子/清正寛/宮里邦雄/今野久子/前田達男/金子征史/林和彦/菊池紘/岡村親宜/今野順夫/豊川義明/石井将
[祝辞]労旬60周年を迎えて
古賀伸明/大黒作治/藤崎良三/水口洋介/鷲見賢一郎

わたくしも「労働法における契約論的発想の弊害」という小論を寄せております。

ほかの方々の文章をぱらぱらとめくって見ておりましたら、弁護士の水口洋介さんのエッセイのなかに、

>また、最近では日本IBMの会社分割事件のような新しい法律問題について、EC指令等のヨーロッパの労働法制について知ったのも「労旬」に掲載された本久洋一教授や濱口桂一郎氏の論文からでした。

と、自分の名前が出てきてびっくり。

もう一つの特集は、「差別禁止と均等待遇実現への第一歩」です。

[特集2]差別禁止と均等待遇実現への新たな一歩―国連勧告を契機として
対談/女性撤廃条約の30年=浅倉むつ子+林 陽子……101
女性差別撤廃条約選択議定書―個人通報制度と調査制度=近江美保……117
CEDAWとNGOのコラボレーション―CEDAWでミラクル=越堂静子……122
[資料]
*女性差別撤廃委員会(CEDAW)第44会期第6次日本報告審議総括所見[CEDAW 2009.8.7 日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク(JNNC)訳]……128

« 高い労働コストがデフレリスクを排除 | トップページ | 苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学』 »

コメント

ご無沙汰しております。
以前、社会保険庁長に関する見解を送らせて頂きました。
都政新報社「社会保険庁 歪められた分限免職」
是非、参考にしていただければありがたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『労働法律旬報』2010年1月合併号:

« 高い労働コストがデフレリスクを排除 | トップページ | 苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学』 »