« 松下プラズマディスプレイ事件最高裁判決 | トップページ | 元木健・田中萬年『非「教育」の論理』 »

EU指令に見る男女均等の展開

日本ILO協会から刊行されている『世界の労働』11月号が「ジェンダー平等の国際的歩み-「国連:女性差別撤廃条約」採択30年-」という特集を組んでいて、その中にわたくしもEUの動きについて一篇寄せています。

わたくしのも含めて目次は次の通りです。

ジェンダー平等の歴史的展開     堀口悦子

日本の労働・社会保障分野の現状と課題  神尾真知子

日本の国連女性差別撤廃条約の現状と課題  山下泰子

EU指令に見る男女均等の展開    濱口桂一郎

「同一価値労働・同一報酬」原則の変遷と到達点  居城舜子

個人的に興味を惹かれたのは、居城さんの論文で、ヴェルサイユ条約やILO100号条約の成立プロセスを追いかけていて、法政策分析として興味深いものです。

なお、わたくしの論文は淡々と政策の流れを記述したものです。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/eugender.html

|
|

« 松下プラズマディスプレイ事件最高裁判決 | トップページ | 元木健・田中萬年『非「教育」の論理』 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/32684928

この記事へのトラックバック一覧です: EU指令に見る男女均等の展開:

« 松下プラズマディスプレイ事件最高裁判決 | トップページ | 元木健・田中萬年『非「教育」の論理』 »