« 財・サービスは積み立てられない | トップページ | 日本は変更解約告知でいっぱい »

2009年12月28日 (月)

執筆者一応hamachan本を読まれているなという印象

finalventさんの本日の日記では、今朝の朝日の社説

http://www.asahi.com/paper/editorial20091228.html#Edit1(派遣法改正―労働者保護への方向転換)

をネタにしておられますが、

http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20091228/1261952022

その最後のところで、

>そうじて、なんとなくだが執筆者一応hamachan本を読まれているなという印象。

それはその通りだと思います。正確に言うと、拙著出版の前に、朝日の労働関係を中心とする記者の皆様に、おおむね拙著の内容を中心とするレクチャーをしたことがありますので、全面的に賛成するかどうかは別として、拙著の趣旨はだいたいご理解されているかと。

|
|

« 財・サービスは積み立てられない | トップページ | 日本は変更解約告知でいっぱい »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/32766023

この記事へのトラックバック一覧です: 執筆者一応hamachan本を読まれているなという印象:

« 財・サービスは積み立てられない | トップページ | 日本は変更解約告知でいっぱい »