フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 本田由紀『教育の職業的意義』謹呈御礼 | トップページ | 『プラクティス労働法』(信山社) »

2009年12月14日 (月)

『季刊福祉労働』125号

Isbn9784768423257 現代書館から発行されている”障害者・保育・教育の総合誌”『季刊福祉労働』の125号が「ソーシャルインクルージョンに向けて 新政権への提言」という特集を組んでおりまして、

http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN978-4-7684-2325-7.htm

>「官僚政治から国民の生活第一の政治に」を謳って政権交代を実現した民主党のマニュフェストを中心に、あるべき社会像を問い、そのために何が必要なのか、負担をどうするのか、排除と競争社会から共生社会へ転換するための政策を提言する。

[著者紹介・編集担当者より]
障害者、高齢者、難病の人、ワーキングプア、失業者、子育て世代、母子家庭、在日外国人等、社会的に排除されやすい立場の当事者、現場の従事者、研究者から共生社会に向けて政策をチェックする。(猫)

その中に、わたくしも「新しい賃金と社会保障のベストミックスを」という文章を寄稿しております。

大きな書店や図書館であれば置いてあるのではないかと思います。

« 本田由紀『教育の職業的意義』謹呈御礼 | トップページ | 『プラクティス労働法』(信山社) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『季刊福祉労働』125号:

« 本田由紀『教育の職業的意義』謹呈御礼 | トップページ | 『プラクティス労働法』(信山社) »