« 企業の責任と公共の責任 | トップページ | 本田由紀先生による拙著ご推薦 »

『エコノミスト』誌で樋口美雄先生が拙著を書評の模様

20091106org00m020020000p_size6 毎日新聞社のHPによりますと、来週月曜日発売予定の『エコノミスト』誌11月17日号において、樋口美雄先生が拙著『新しい労働社会-雇用システムの再構築へ』(岩波新書)を書評されるようです。

http://mainichi.jp/enta/book/economist/news/20091106org00m020021000c.html

>◇書評

・『新しい労働社会』 樋口 美雄・評

樋口先生といえば、日本の労働経済学においていまや第一人者ですので、その書評は身が引き締まります。これは早く読んでみたいです。

|
|

« 企業の責任と公共の責任 | トップページ | 本田由紀先生による拙著ご推薦 »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

なかなか良い書評でしたね。一般には極端に走らず、中庸を心得た現実的提案だ、というような書評が多い中で、樋口さんはhamachan本の主張が大胆なものであると認定した上で、にも関わらず説得力があるというのですから、ベタ褒めに近いんじゃないでしょうか。ぼくらもhamachanに説得されちゃった方がいいのかなあ?(笑)

投稿: JAMJAM | 2009年11月12日 (木) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/32111315

この記事へのトラックバック一覧です: 『エコノミスト』誌で樋口美雄先生が拙著を書評の模様:

« 企業の責任と公共の責任 | トップページ | 本田由紀先生による拙著ご推薦 »