« 日本における労働者代表制の構想 | トップページ | IFRSでは有給休暇の未消化は粉飾決算 »

2009年10月 3日 (土)

マルクス主義同志会機関誌『海つばめ』で書評されたらしいです

例によって「俺に関する噂」を検索していると、

http://www.mcg-j.org/japan/petrel/1104.html

マルクス主義同志会という団体の機関誌の『海つばめ』で拙著『新しい労働社会』を書評していただいたらしいです。目次だけ載っていまして、

>【四面書架】濱口桂一郎著『新しい労働社会』――労働社会の一側面描くが…

一側面は描くが・・・肝心の本質を描いていないからだめだ、というふうに続くのか、中身を読みたくなりますが、まあ、リンク先のほかの記事の文章からすると、あんまり高い評価を期待しない方がよさそうですね。

|
|

« 日本における労働者代表制の構想 | トップページ | IFRSでは有給休暇の未消化は粉飾決算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/31629592

この記事へのトラックバック一覧です: マルクス主義同志会機関誌『海つばめ』で書評されたらしいです:

« 日本における労働者代表制の構想 | トップページ | IFRSでは有給休暇の未消化は粉飾決算 »