« OECD『日本の大学改革』からいくつかの引用 | トップページ | 権丈善一先生再起動 »

『ダイヤモンド』誌の取材

本日、『ダイヤモンド』誌の取材を受けました。派遣規制をはじめとする新政権の労働政策の話が中心で、それはいずれ記事になると思いますが、1時間半ほど話をして最後に、記者の方が「そういえば・・・」とある人の名前を出して「どう思いますか?」ご意見を求められましたがな。

こっちがどう思うよりも、向こう様がどう思ってるか、なんですけどね。たぶん、個々の政策論では(いろいろと学習して)わたしの考えに近づいてきた面もないわけではないだけに、ますます各論ではなくわたしの人格を否定しなければならなくなるという事態になっているように思いますが。書評に各論が全く姿を見せないのは、そういう苦衷が現れているようにも見えます。まあ、どっちでもいいことですが。

|

« OECD『日本の大学改革』からいくつかの引用 | トップページ | 権丈善一先生再起動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ダイヤモンド』誌の取材:

« OECD『日本の大学改革』からいくつかの引用 | トップページ | 権丈善一先生再起動 »