« 水谷研次さんの拙著ご紹介 | トップページ | アマゾンレビュー第8弾はピアニストのSaradinさん »

sr-kinoeさんの拙著紹介:「はまちゃん」でなくてhamachanのことだ!!!

sr-kinoeさんの「kino-e-にっき」で、拙著をご紹介いただいております。

http://ameblo.jp/sr-kinoe/entry-10349179157.html(人のつながりと本のつながり ~ 新しい労働社会--雇用システムの再構築へ)

kinoeさんにご紹介されたのは、おれんじえすあーるさんだったとのこと。

面白いのは、

>でもおれんじえすあーるさんから「はまちゃん」とお名前を聞いても私は気がついてなかったのです。

いつもこの方の書く内容はしっくりくると思いながら、お名前をよく記憶しないままでした。

新聞の切り抜きなどのファイルを自分で見ると濱口氏の記事の切り抜き、

hamachanの労働法政策研究室ブログのブックマークもしてますし、

「新しい労働社会」も注文していたのでした。。。。

「はまちゃん」でなくてhamachanのことだ!!!と気がついたのは、あとになってからのことでした。(遅っ)

そうです、hamachanのことだったんです!

|
|

« 水谷研次さんの拙著ご紹介 | トップページ | アマゾンレビュー第8弾はピアニストのSaradinさん »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

「はまちゃん」と言えば、漫画『釣りバカ日誌』でも派遣切りテーマで、大甘なストーリーを展開していましたね。
この漫画と『山口六平太』、『社長島耕作』が私的三大サラリーマン漫画。
それぞれ時事を積極的に取り入れるポリシーですから、最近はなかなか難しいものがあるようです。

島耕作社長さんは厚生労働省のポスターにも登場してましたけど、いいのかな?

投稿: 迷跡 | 2009年9月25日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/31518419

この記事へのトラックバック一覧です: sr-kinoeさんの拙著紹介:「はまちゃん」でなくてhamachanのことだ!!! :

« 水谷研次さんの拙著ご紹介 | トップページ | アマゾンレビュー第8弾はピアニストのSaradinさん »