フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 水谷綾さんの書評 | トップページ | 「未来のD・グロール」さんの書評 »

2009年9月 6日 (日)

シリーズ『自由への問い』

岩波書店から、今年の11月から順次刊行される予定のシリーズ『自由への問い』の宣伝用リーフレットが送られてきました。まだ岩波のHPには載っていませんが、もう宣伝モードに入ったと考えていいのでしょうから、本ブログでも宣伝しておきます。

このシリーズ、編集委員が次の8人、

齋藤純一

宮本太郎

坂口正二郎

北田暁大

広田照幸

佐藤俊樹

岡野八代

加藤秀一

この方々が各巻を責任編集する形で、次の8巻編成です。

1 社会統合:自由の相互承認に向けて

2 社会保障:セキュリティの構造転換に向けて

3 公共性:自由が/自由を可能にする秩序

4 コミュニケーション:自由な情報空間とは何か

5 教育:せめぎあう「教える」「学ぶ」「育てる」

6 労働:働くことの自由と制度

7 家族:新しい「親密圏」を求めて

8 生:生存・生き方・生命

で、この第6巻「労働」の中身がこうなっています。

Ⅰ 【対論】働くことの自由と制度・・・・・・・・・・・・・佐藤俊樹・広田照幸

Ⅱ 【考察】「働くことと自由」

・働くことと自由・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤俊樹

・「会社からの自由」の両義性・・・・・・・・・・・・・・・高原基彰

・正社員体制の制度論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・濱口桂一郎

Ⅲ 【問題状況】労働と自由の歴史的編成

・仕事と価値と運動と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宇城輝人

・労働における自由とジェンダー・・・・・・・・・・・金野美奈子

・就職空間の成立・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福井康貴

Ⅳ 【構想】現代的な労働の現場から

・コンビニエンスストアの自律と管理・・・・・・・・・居郷至伸

・ケア労働の組織・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三井さよ

・社会に「出る」/「出ない」・・・・・・・・・・・・・・・・貴戸理恵

というわけで、わたくしは「正社員体制の制度論」なる文章を書いておりますが、他の論文もとても面白そうでしょう。

他の巻では、宮本太郎先生編集の『社会保障』が興味深そうなタイトルの論文が並んでいます。

« 水谷綾さんの書評 | トップページ | 「未来のD・グロール」さんの書評 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ『自由への問い』:

« 水谷綾さんの書評 | トップページ | 「未来のD・グロール」さんの書評 »