« 「障碍を持った人の雇用」さんの拙著書評 | トップページ | 山野光正さんのKousyoublogで拙著の書評 »

「ニュース・ワーカー2」の美浦克教さんの拙著書評

マスメディアで働く美浦克教さんが「メディア」や「労働」をテーマに運営している「ニュース・ワーカー2」というブログで、拙著をとりあげて、ジャーナリズム論にも広がりを持つ書評をしていただいております。

http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20090927/1254012424

>「格差社会」という呼び方が社会に定着し、「派遣切り」など非正規雇用の不安定さが社会問題として注目される中で、働き方、働かせ方をどうするのか。「過度に保守的にならず、過度に急進的にならず、現実的で漸進的な改革の方向」に関心のある方は、ぜひ本書を手にすることをお奨めします。特に、労働組合の執行部に身を置く方には、具体的な運動をどう組み立てていくのかを考える上でも、様々な示唆に富んでいると思います。

ありがとうございます。

このあと、美浦さんはマスメディアのジャーナリズムのありようと、マスメディアの企業内記者の働き方という観点から、論を進めて行かれます。とても面白いので、是非リンク先をお読みください。

|

« 「障碍を持った人の雇用」さんの拙著書評 | トップページ | 山野光正さんのKousyoublogで拙著の書評 »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/31543576

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニュース・ワーカー2」の美浦克教さんの拙著書評:

« 「障碍を持った人の雇用」さんの拙著書評 | トップページ | 山野光正さんのKousyoublogで拙著の書評 »