フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 若者問題への接近-誰が自立の危機に直面しているのか | トップページ | 『文藝春秋』渡辺恒雄 ・宮本太郎対談 »

2009年7月10日 (金)

第2法則または事実への軽侮 2回目は喜劇

興味深い記事を見つけました。

http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20090708/1247059247(池田信夫blogと北朝鮮との類似性について)

>地球上でこんな屁理屈が通るのはいまや北朝鮮ぐらいなものでしょう。あの国では自国に都合の悪い地球上での事実はすべて存在しないか悪質な反北朝鮮キャンペーンで北朝鮮臣民には知らされていません。池田信夫人民共和国の臣民も同様の立場であるみたいで気の毒な気はしますけど。

ちなみに池田さんがはてブを忌嫌う理由も分かりますね。コメント欄やトラックバックと違って自分で情報を制御できないメディアは敵なんですよ。時々はてなの社長さんに短距離ミサイル飛ばして圧力かけているみたいですけど、威力がないのか効いてないみたい(笑)。まあ、北朝鮮が外国からのラジオ放送に妨害電波飛ばしているのと似たようなものかと。

よほどメンツが汚されるのが怖いみたいで、この性格も情報統制する共産圏の独裁者そっくりだから、とにもかくにも面白い人であることは間違いありません。なにせ一応市場自由化論者ですから。

なにせ一応市場自由化論者ですから・・・、か。

むしろ、居丈高な市場原理主義者にはこの手の権威主義者、全体主義者が結構多いような気がします。

第3法則のような攻撃の仕方しかできないのも、その言説ではなく所属組織や身分でしか人間を判断できない貧困なる精神のゆえでしょうし。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_a9de.html(池田信夫症候群-事実への軽侮)

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/3_a7ad.html(池田信夫氏の3法則)

« 若者問題への接近-誰が自立の危機に直面しているのか | トップページ | 『文藝春秋』渡辺恒雄 ・宮本太郎対談 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2法則または事実への軽侮 2回目は喜劇:

« 若者問題への接近-誰が自立の危機に直面しているのか | トップページ | 『文藝春秋』渡辺恒雄 ・宮本太郎対談 »