フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ホリエモン氏によれば最低賃金を上げれば働く意欲がなくなるんだそうな | トップページ | 奈良県(医師時間外手当)事件評釈 »

2009年7月16日 (木)

鷲尾悦也『共助システムの構築』明石書店

本日、鷲尾悦也元連合会長の旭日大綬章叙勲を祝う会がありました。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-4256.html(春の叙勲労働編)

こういう会合では、帰る際におみやげを渡してくれるのですが、鷲尾さんのおみやげはなんとご自身の著書でした。『共助システムの構築-新たなる公共性の創造』。版元は、私も何かとおつきあいのある明石書店。腰巻きの文句は、「<格差と貧困>の時代から<社会連帯>の未来へ」「社会保障再生のためのグランドデザインを描く」です。

まだ明石書店のHPには載っていないので、コピペできないのですが、第1章が「公共性とは何か」と大きく広げ、以下租税、社会保障、社会保険、公的年金、医療保障ときて、最後が「共助システムの担い手」と題して、「共同体の再構築」「新たな中間集団としての協同組合」「ILO・国連の協同組合政策」となっています。

連合会長を辞められてからここ10年ほど全労済関係のお仕事をしてこられたので、どうしても話が社会保障関係に近づくのは当然なのでしょうが、できれば骨太の労働論などものしていただければよかったなあ、などと思ったりもします。

« ホリエモン氏によれば最低賃金を上げれば働く意欲がなくなるんだそうな | トップページ | 奈良県(医師時間外手当)事件評釈 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲尾悦也『共助システムの構築』明石書店:

« ホリエモン氏によれば最低賃金を上げれば働く意欲がなくなるんだそうな | トップページ | 奈良県(医師時間外手当)事件評釈 »