フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 呉学殊さんのコミュニティユニオン研究 | トップページ | OECDベイビー&ボス総合報告書 »

2009年7月14日 (火)

『現代の理論』09夏号

まだ明石書店のHPでは更新されてませんが、昨日送られてきました。

特集は「転換点に立つ世界」というものですが、そこでは恒例の小林良暢氏の「21世紀型世界大失業の時代」が、

>これまでの雇用格差に関する論調は、もっぱら格差・貧困告発型の「格差本」が主流で、具体的政策はほとんど無きに等しく、その主張は「入り口規制」に偏向してきた。

と述べているのは、まさに私の感想と同じです。

小林さんとしては、そこでご自分の本を、となるわけですが、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-f522.html(なぜ雇用格差はなくならないのか)

私としては来週、衆議院解散の直後に発売予定の『新しい労働社会-雇用システムの再構築へ』(岩波新書)を是非どうぞ、という宣伝につなげたく・・・。

そのほか、興味深い記事が多いのですが、エントリをあたらめて。

« 呉学殊さんのコミュニティユニオン研究 | トップページ | OECDベイビー&ボス総合報告書 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『現代の理論』09夏号:

« 呉学殊さんのコミュニティユニオン研究 | トップページ | OECDベイビー&ボス総合報告書 »