フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 水町勇一郎先生@ダイヤモンド | トップページ | 中失業時代のセーフティネットと雇用 »

2009年5月11日 (月)

ジャン・ジャック・ルソーみたいな会社

いや、別にエミールみたいなリベラルな教育をする会社じゃなくって、じぶんがこしらえたこどもを孤児院に抛り捨ててくる無責任な野郎みたいな会社という意味ですが。

http://mainichi.jp/life/job/news/20090510k0000m040105000c.html(解雇:従業員23人を施設に置き去り 福岡の会社)

>福岡市早良区のとび工事会社を解雇された男性従業員23人が、北九州市小倉北区のホームレス支援施設に保護を求めてきたことが分かった。元従業員たちは「ここで仕事や家を探してくれる、と会社に言われ、車で連れて来られた」と毎日新聞の取材に証言した。施設側は「厄介者を置き去りにするような行為。違法ではないが無責任」と批判する。会社側は再三の取材申し入れに応じていない。

 この会社は02年設立の有限会社。建設現場の足場工事や清掃、解体作業などを請け負っている。元従業員が置き去りにされたのは、ホームレス自立支援センター北九州。北九州市が04年に設立、NPO法人北九州ホームレス支援機構が運営を委託されている。

 支援機構などによると、元従業員らは福岡市や志免町などの営業所で働いていた3月から4月にかけ、突然解雇された。センターには3月15日に訪れた2人を皮切りに数日間隔で1~4人、4月8日には7人が訪れたという。多くは「あてがないなら北九州に行け、と言われ、車に乗せられてセンター前で降ろされた」と話した。その際、現金1000円を渡された人もいた。

いやあ、もちろん雇用関係は家族関係とは違いますから、労働法が求める最低限の義務を果たせば、こんな中小企業ですから、それ以上「事実上いかなる解雇も賃下げも不可能」などということはありませんが、それにしても、これはあまりにもあまりな仕打ちというべきでしょう。

« 水町勇一郎先生@ダイヤモンド | トップページ | 中失業時代のセーフティネットと雇用 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・ジャック・ルソーみたいな会社:

« 水町勇一郎先生@ダイヤモンド | トップページ | 中失業時代のセーフティネットと雇用 »