フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 厚生労働省分割! | トップページ | 山田久『雇用再生』 »

2009年5月20日 (水)

非典型雇用の拡大と労働生産性

みずほ総研の大嶋寧子さんから『みずほ総研論集』2009年2号をお送りいただきました。その中に、彼女の「非典型雇用の拡大と労働生産性-諸外国の経験に見る日本の検証課題」が収録されています。これは、みずほ総研のHPにもアップされています。

http://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/argument/mron0905-1.pdf

>特に、非典型雇用の労働者が、労働者の人的資本形成の遅れにつながりやすい点については議論が一致している。また、非典型雇用の活用が、企業のイノベーションや研究開発に負の影響を及ぼすことを指摘する研究も近年蓄積されている。

>日本の場合、非典型雇用が雇用者全体に占める割合の高さ、非典型雇用の能力形成の機会が不足しており、典型雇用への移行が難しいことなどから、労働生産性への負の影響が大きなものとなる懸念がある。

これはすごい力作です。ぜひ、プリントアウトして読んでみてください。

« 厚生労働省分割! | トップページ | 山田久『雇用再生』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非典型雇用の拡大と労働生産性:

« 厚生労働省分割! | トップページ | 山田久『雇用再生』 »