フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 意地悪な質問? | トップページ | 学生をかえせ(笑) »

2009年5月24日 (日)

フランスも若者が仕事につけるようにもっとやるべきだ

42782970cover_france 昨年12月、OECDは日本に対して「日本は若者が安定した仕事につけるよう、もっとやれることがある」と説教したわけですが、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-ce0b.html

今度はフランスに対しても似たようなことを言ってます。

http://www.oecd.org/document/59/0,3343,en_2649_201185_42806203_1_1_1_1,00.html(France should prioritise the employment of disadvantaged young people)

>France should do more to ease the transition of unskilled young people into employment. The government should give priority to helping young people the furthest removed from the job market and to strengthening the social protection of the most disadvantaged, according to a new report by the OECD.

フランスは技能のない若者が仕事に移行するのを容易にするためにもっとやるべきだ。政府は労働市場からかけ離れてしまった若者を助け、彼らへの社会保障を強化すべきだ。

>“The short-term priority is to introduce measures that target the young people most at risk. I am delighted that President Sarkozy launched an emergency plan for youth employment at the end of April that focused on apprenticeships. It is now that action needs to be taken otherwise the young people entering the labour market in 2009, those who will make up the 2009 generation, run a great risk of becoming a lost generation. It is equally important to tackle the more structural labour market problems affecting the transition from school to work”, declared the Secretary-General of the OECD, Mr. Angel Gurría, at the presentation of the report in Paris.

当面やるべきは一番リスクの高い若者に焦点を絞った対策だ。サルコジ大統領が4月に徒弟制に焦点をあてた若者のための緊急対策を打ち出したのは喜ばしい。ここで行動しなければ、2009年世代はロストジェネレーションになるだろう。また、学校から仕事へというより構造的な問題にも取り組むことも重要だ。

OECDの具体的な勧告を見ていくと、興味深い項目もあります。たとえば、

>introduce mandatory internships at undergraduatelevel in universities. The introduction of mandatory  internships during the three years of an undergraduate degree course should systematically include the award of credits in study curricula, as is the case in selective courses.

大学の学部レベルで義務的なインターンシップを導入せよ、という勧告です。

>introduce a safety net for the most disadvantaged young people under 25 years of age and make it part of a rigorous activation policy. Consideration should ultimately be given to extending the Active solidarity income (RSA) to young people under 25 years of age.

25歳未満の不利益を被っている若者に厳格なアクティベーション付きのセーフティネットを導入せよ、と。

ま、いろんな意味で参考になります。

« 意地悪な質問? | トップページ | 学生をかえせ(笑) »

コメント

>大学の学部レベルで義務的なインターンシップを導入せよ

大学院にはあるけど、学部でもどっかやってるかも。
%%%%%%%%%%%%
次のような実践的カリキュラムが必修単位として課される。
機能数理学特別実習
社会での実務体験によって数学の活かし方とその意義を理解し,十分な社会への適応性を培うことを目的とした,企業等への長期インターンシップ(3カ月以上)
http://www.math.kyushu-u.ac.jp/entrance/pdf/h21nendo_youkouD.pdf

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスも若者が仕事につけるようにもっとやるべきだ:

« 意地悪な質問? | トップページ | 学生をかえせ(笑) »