フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 労働市場における統合と排除 | トップページ | 牛尾治朗氏の雇用観 »

2009年5月 7日 (木)

フランス人は寝てるが、日本人は起きてる

OECDの「Society at a Glance 」(一目で見る社会)が5月4日に公表されていました。

http://www.oecd.org/document/17/0,3343,en_2649_34487_42671889_1_1_1_1,00.html

42675416fig25sleepinge

先進国の中で、フランス人は一番長く寝ているんですね。それに対して一番短いのは韓国人で、ほとんどそれと並んでいるのは日本人。

これはまあ、いかにもですが、意外なのがフランス人に次いで寝ているのがアメリカ人だというところです。まあ、アメリカ人はいろんなのがいるということなんでしょうか。

« 労働市場における統合と排除 | トップページ | 牛尾治朗氏の雇用観 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス人は寝てるが、日本人は起きてる:

« 労働市場における統合と排除 | トップページ | 牛尾治朗氏の雇用観 »