フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« キヤノンの一眼レフで不良事故が多発する理由、製造請負依存の死角 | トップページ | 第3回安心社会実現会議 »

2009年5月18日 (月)

偽装請負は本当にいけないのか?

Category_17_photo これまた、昨日の学会で報告するはずだった中身とほぼ同じことを、去る3月に派遣・請負会社のためのサポートセンターというNPO法人主催の講演会で喋り、その一部が「製造派遣・生産請負業界専門誌」である『ものづくりサービス』(労働新聞社)という雑誌の5月号に掲載されております。

http://www.rodo.co.jp/periodical/monozukuri/

>派遣労働の日雇い派遣原則禁止を建議した労働者派遣法改正案。改めて更なる規制強化(製造業派遣への禁止など)の声がとり沙汰されている。NPO法人、派遣・請負会社のためのサポートセンターでは、派遣法改正について現実を見据えた冷静な議論が進む事を期待し、その一助として、各界から講師を招き勉強会を行っている。今回は労働政策研究・研修機構統括研究員、濱口桂一郎氏が派遣法や請負について、過去の経緯や、本当に必要な議論とは何なのかを明らかにした。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/monodukuri.html

冒頭、いきなり「偽装請負は本当にいけないのか? 」と問いかけております。

講演録ですので読みやすいと思います。

ちなみにこの雑誌、昨年の8月に創刊され、この5月号が通算5号。編集長の由比藤準治さんというお名前にご記憶はありませんか。

静岡県で高校生向けに労働法教育を行っているNPO法人「人財フォーラム」の代表をしておられる方なんですね。

厚労省が昨年から開催した「今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会」でお呼びしてお話を伺ったこともあります。

http://www-bm.mhlw.go.jp/shingi/2008/10/s1003-10.html

« キヤノンの一眼レフで不良事故が多発する理由、製造請負依存の死角 | トップページ | 第3回安心社会実現会議 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽装請負は本当にいけないのか?:

« キヤノンの一眼レフで不良事故が多発する理由、製造請負依存の死角 | トップページ | 第3回安心社会実現会議 »