« 規制改革推進3カ年計画(再改訂) | トップページ | 危機の時代のフレクシキュリティ »

2009年4月 2日 (木)

欧州でも派遣労働者を緊急避難型ワーシェアに

欧州派遣協会(Euro-Ciett)の機関誌「Dispatch」の最新号に、オーストリア、ベルギー、ドイツで、派遣労働者も短縮労働(部分失業)のスキームに入れることにしたという記事が載っています。

http://www.euro-ciett.org/fileadmin/templates/eurociett/docs/Dispatch/Dispatch_-_Spring_09.pdf(4ページ左側)

>Austria, Belgium and Germany have extended their short-time working schemes (also known as partial unemployment) to include agency workers, as part of measures being taken on a national level to address the current economic crisis. The countries expanded the scheme to include temporary work agencies in order to help them deal with the impact of the downturn in the economy.

ドイツ語で短縮労働、フランス語で部分失業というのは、日本語で(日本語ですよ!)「緊急避難型わーくしぇありんぐ」のことです。雇用を守るために時間を減らした分、政府の補助が出ます。要するに日本でやってる雇用調整助成金ですな。

>All three national governments have established special conditions to accompany access to the scheme. In Belgium, for example, workers are required to have been employed by the agency for at least three months, been active in a sector that is facing reduced demand due to the crisis and been working in a department where short-time working is also applied.
The extension of short-time working schemes to agency workers grants these workers better protection as requested by the agency work industry. As the voice of a socially responsible industry, Eurociett encourages national governments to enhance the protection of agency workers in these dire economic times
.

欧州の派遣事業は「社会的に責任ある産業」として、政府に派遣労働者の保護を求めていく、と。

|
|

« 規制改革推進3カ年計画(再改訂) | トップページ | 危機の時代のフレクシキュリティ »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/28923619

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州でも派遣労働者を緊急避難型ワーシェアに:

« 規制改革推進3カ年計画(再改訂) | トップページ | 危機の時代のフレクシキュリティ »