« トルコでもメーデーが国民の祝日に | トップページ | EU労働時間指令改正案、遂に瓦解 »

ひとりごと

先日の

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-56c9.html(「北風」の新入社員の意識への見事な効果)

に関連して、

だから、そういうふうにバラマキけしからん、福祉けしからん、そんなのは社会主義だ、共産主義だと、罵倒してしばけばしばくほど、労働者は、とりわけ若者は企業にしがみついて、何が何でも離すまい、というふうになるというのがわからんのだなあ。

北風を吹き付ければ、人は外套を脱ぐという単細胞的世界観の持ち主には、暖かい太陽で脱がせてみようなどという発想はかけらもなく、北風だけで効かないなら、雪を降らせてやろうか、吹雪を吹き付けてやろうか、とますますエスカレートする。外套をうかつに脱いだら凍え死ぬと分かっているところで脱ぐ莫迦がいるものか。

負のループを作っているのはあんたらだろう。悪い均衡にロックインさせているのはあんたらだろう。20年以上頭が凍結しているのはどっちだか・・・。

|

« トルコでもメーデーが国民の祝日に | トップページ | EU労働時間指令改正案、遂に瓦解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと:

« トルコでもメーデーが国民の祝日に | トップページ | EU労働時間指令改正案、遂に瓦解 »