フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 権丈英子先生が会場に | トップページ | 国民の税金を使ってクリームスキミングをするのか »

2009年3月26日 (木)

JIL雑誌4月号

JIL雑誌4月号が出ました。

http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2009/04/

特集は「その裏にある歴史」。何はともあれ、目次を見ると、いろいろと面白そうなネタが並んでいます。

なぜ労基法では1日8時間・時間外割増率25%となったのか
小嶌 典明(大阪大学大学院高等司法研究科教授)

なぜ年次有給休暇の計画的付与があるのか
小倉 一哉(JILPT主任研究員)

なぜILOは三者構成なのか
吾郷 眞一(九州大学大学院法学研究院教授)

なぜ従業員全員が加入している組織が労働組合とならないのか
原 昌登(成蹊大学法学部准教授)

なぜ退職金や賞与制度があるのか
大湾 秀雄(青山学院大学国際マネジメント研究科教授)・
須田 敏子(青山学院大学国際マネジメント研究科教授)

なぜ賃金には様々な手当がつくのか
笹島 芳雄(明治学院大学経済学部教授)

なぜ日本型成果主義は生まれたのか
宮本 光晴(専修大学経済学部教授)

なぜ内職にだけ家内労働法があるのか
橋本 陽子(学習院大学法学部教授)

なぜ「名ばかり管理職」が生まれるのか
八代 充史(慶應義塾大学商学部教授)

なぜ国家公務員には労働基準法の適用がないのか
渡辺 賢(大阪市立大学大学院法学研究科教授)

なぜ公立学校教員に残業手当がつかないのか
萬井 隆令(龍谷大学法科大学院教授)

なぜ労働法は強行法なのか
米津 孝司(中央大学大学院法学研究科教授)

なぜ退職すれば違約金を支払わせることは禁止されているのか
深谷 信夫(茨城大学人文学部教授)

なぜ内定式は10月1日に多いのか
小杉 礼子(JILPT統括研究員)

なぜ職業紹介は国が行うのか
神林 龍(一橋大学経済研究所准教授)

なぜ労働者派遣が禁止されている業務があるのか
佐野 嘉秀(法政大学経営学部准教授)

ただですね。日本労働法政策史研究の第一人者(だって、第二人者がいないもんで・・・)の私から見ると、テーマ設定をもう一ひねりしたいところではあります。

たとえば、労働時間規制にしても、まあ世間的には「割賃25%になったのはなあぜ?」が関心の的でしょうが、実は、「36協定という世界的に大変珍しいやり方をとったのはなあぜ?」という方が大きな問題でしょうし、

有給にしても、「なぜ計画的付与があるのか?」よりも、「なぜ計画付与が原則じゃなくって、好き勝手にとれる人だけとりなさあいになっちゃったのか?」の方が実は大問題なんですね。

という風に、標題になっている設問自体を問い直しながら読んでいくと、一粒で二度も三度もおいしいエッセイになります。

« 権丈英子先生が会場に | トップページ | 国民の税金を使ってクリームスキミングをするのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JIL雑誌4月号:

« 権丈英子先生が会場に | トップページ | 国民の税金を使ってクリームスキミングをするのか »