« 第117回日本労働法学会大会 | トップページ | 本日の東京新聞「核心」 »

2009年2月12日 (木)

金融的インクルージョンの協議文書

2月6日付で、欧州委員会から「金融的インクルージョン:基礎的銀行口座へのアクセスの確保」という協議文書が公開されています。

金融的インクルージョンという言い方は日本ではなじみがないですが、多重債務問題をEUでは「金融的エクスクルージョン」と呼んでいて、その対概念だと考えれば、何となくわかるような。EUでは、雇用をはじめとする社会生活の諸側面における貧困や剥奪に関わる概念を「社会的エクスクルージョン」と呼び、これに対する政策課題として「社会的インクルージョン」が中核概念になっていますので、その金融版ということなのでしょう。

http://ec.europa.eu/internal_market/consultations/docs/2009/fin_inclusion/consultation_en.pdf

日本では貧困と金融の問題といえば、サラ金の金利問題がもっぱら中心になってきて、こういう方面からの問題意識というのはほとんど見あたらないようですが(私が知らないだけかも知れませんが)、EUの社会政策の一つの動向として、興味深いものがあると思います。

|
|

« 第117回日本労働法学会大会 | トップページ | 本日の東京新聞「核心」 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/28014547

この記事へのトラックバック一覧です: 金融的インクルージョンの協議文書:

« 第117回日本労働法学会大会 | トップページ | 本日の東京新聞「核心」 »