« 今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会報告書 | トップページ | 個性主義教育の出発点 »

今度の選挙では極右が勝つぞ

今年の6月に予定されている欧州議会の選挙について、イギリス労働党のフォード議員が「極右が勝つぞ」と警告しています。

http://www.theparliament.com/latestnews/news-article/newsarticle/mep-warns-of-far-right-gains-in-eu-elections/

>Socialist MEP Glyn Ford has warned that the British National Party could win up to seven seats in this year's European elections.

Ford was speaking ahead of a meeting of European parliamentarians in Bristol on Friday looking at fighting extremism.

Senior British politicians are concerned that the far right party could exploit the recession to make gains in the June poll.

"Unfortunately the evidence suggests that at the moment the extreme right is likely to do well in the European elections," Ford told TheParliament.com.

"The problem is that the recession has indicated that neo-liberal capitalism doesn't work.

"There was a view that people could turn to the left but the far right are saying that they provide an alternative as well.
"

「不幸にも、今度の欧州議会選挙では極右がかなりの議席をとりそうだ。

問題は、この不況がネオリベ資本主義はうまくいかないということを示してしまったということだ。

人々が左翼に向かうという意見もあるが、極右は彼らがもう一つの選択肢を提示すると言っている」

不況が弱い立場の人々の中に労働市場ナショナリズムを掻き立てるとき、左派がその受け皿になりそこねると、極右が伸張するというのは洋の東西を問わぬ現象ですが、ヨーロッパ諸国も難しいところに来ているようです。

(参考)

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-1ae6.html(EUで右翼拡大の兆し)

|

« 今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会報告書 | トップページ | 個性主義教育の出発点 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/28410159

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の選挙では極右が勝つぞ:

« 今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会報告書 | トップページ | 個性主義教育の出発点 »