« 若者が希望を持てる社会の構築に向けて by 経済同友会 | トップページ | 社会経済生産性本部の緊急提言「雇用不安の解消を求めて」 »

2009年1月 4日 (日)

差別禁止法の新展開

03977 森戸英幸先生、水町勇一郎先生編著の『差別禁止法の新展開  ダイヴァーシティの実現を目指して』を御贈呈いただきました。ありがとうございます。

http://www.nippyo.co.jp/book/3977.html

>近年生じている「差別」概念の拡大(理由・局面・形態)とそれをめぐる諸問題について多様な角度から考察。「現実に活用できる」一冊

実は、本書のかなりの部分は、連合総研のイニシアチブ2008という研究会(座長:水町先生)で著者の皆さんがゲストスピーカーとして話された内容と重なっていて、記憶を新たにしながら読み返したんですが。

第1部 序論――本書のストーリー/森戸英幸・水町勇一郎

序論――本書のストーリー/森戸英幸・水町勇一郎

第2部 総論――問題の整理と新しいアプローチ

第1章 差別はなぜ禁じられなければならないのか/安部圭介

第2章 アメリカは何をしてきたか/長谷川珠子

第3章 経済学からのアプローチ/飯田 高

第4章 心理学からのアプローチ/飯田 高

第5章 哲学からのアプローチ/水町勇一郎

第6章 人事管理からのアプローチ/水町勇一郎

第3部 各論――日米比較を中心に

第1章 年齢差別/柳澤 武

第2章 障害者差別/長谷川珠子

第3章 性的指向に基づく差別――雇用の局面を中心に/森戸英幸

第4章 美醜・容姿・服装・体型――「見た目」に基づく差別/森戸英幸

第5章 雇用における男女差別――日本における雇用差別禁止法の現状と課題/水町勇一郎

第6章 社会保障における男女差別/森戸英幸

第4部 企業の現場から――多様性が生み出すパワー、最先端の実例

第1章 ベネッセコーポレーションの仕事と生活の両立支援策   (株)ベネッセコーポレーション/後藤憲子(代表執筆)・林美代子・伊藤恵子

第2章 資生堂の目指す男女共同参画――社員と会社が共に成長できるワーク・ライフ・バランスへの取組み/(株)資生堂 山極清子

第3章 横河電機グループの障害者雇用/横河電機(株) 箕輪優子

第5部 終論――新展開の方向性

終論――新展開の方向性/森戸英幸・水町勇一郎

そうでないのが森戸先生の書かれた部分。これはまことに労働法学者とは思えない森戸先生のトリックスターぶりがよく現れているところで、なかんずく、第3部第4章の「美醜・容姿・服装・体型――「見た目」に基づく差別」は、そもそも差別とは何だろう、なんで差別はいけないんだろうという根本問題を考えさせるのに絶好の素材となっております。

で、その関係で、飯田先生の「経済学からのアプローチ」の最初の所に引用してあった某有名書店の秘密文書-そういえばそんなのがあったなあ、と多くの方は思い出されるでしょうが-が、やはりいろんな意味で考えさせます。1975年に作成された文書ですが、30年前の日本の会社はこういう発想であったんですね。さて、今は・・・。

【女子社員】

一、採用不可の女子

1 ブス、絶対に避けること、

2 チビ、身長140センチ以下は全く不可、

3 カッペ、田舎っぺ、

4 メガネ、

5 バカ、

6 弁が立つ、新聞部に属していたものはよく観察すべし、

7 法律に興味を持つ、前職・専攻科目・関心事に注意、

8 慢性の既往症、再発の恐れだけでなく疲労しやすく不満を抱きやすい

二、要注意の女子

1 革新政党支持、その理由を質問し、その答え方に注意、

2 政治・宗教団体に関係、頭の切り換えのきかないのが多い、

3 本籍が日本国籍でないもの、特に家が飲食店の場合は不可

4 職を2つ以上変わっているもの、流れ者であり、即戦力になるように見えても長続きしない

5 4年制大学中退者、

6 家庭事情の複雑なもの

7 父が大学教授

8 尊敬する人物が情熱的芸術家の場合、ゴッホ、林芙美子、石川啄木

9 尊敬する人物が学校の先生の場合、どういう点を尊敬するか質問すること

【要注意のパートタイマー応募者 女子】

1 下宿者

2 職を転々と変えたもの

3 夫が教師、文筆業であるもの

4 保母、看護関係の有資格者

5 自宅で漫然としていたもの

6 離婚歴あるもの

|
|

« 若者が希望を持てる社会の構築に向けて by 経済同友会 | トップページ | 社会経済生産性本部の緊急提言「雇用不安の解消を求めて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/26776091

この記事へのトラックバック一覧です: 差別禁止法の新展開:

» 容姿差別論 [倫理学ノート]
1 容姿による区別は差別である。 容姿差別は、人種差別や男女差別、部落差別と同様、社会から消滅すべきものである。 政府は容姿差別の解消に向け、社会に積極的に介入すべきである。 2 容姿差別を、「才能」という言葉で正当化することはできない。 「才能」という言葉... [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 22時02分

» 【本】差別禁止法の新展開―採用に関わる者として持っておくべき差別問題の視座とは [企業法務マンサバイバル]
  ・差別とは何か、どうして生まれるのか ・日本とアメリカを比較してのアメリカにおける差別撤廃に  向けた取組み ・経済学・心理学・哲学・人事管理の4つの側面からみた  差別禁止へのアプローチ検討 ・年齢、障害、性的指向、美醜(容姿)、性別といった  差....... [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 07時06分

« 若者が希望を持てる社会の構築に向けて by 経済同友会 | トップページ | 社会経済生産性本部の緊急提言「雇用不安の解消を求めて」 »