フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「事実漬け」に勝るものなし | トップページ | ケインズに派遣を語らせるなかれ »

2009年1月13日 (火)

特定分野の優等生君が恥を晒す場所

窓口業務の話についたはてぶコメントについて、

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-ecbf.html

いや、ハロワの窓口ごときでどぶ板か?という議論は大いにありうる。私も実はそう思う。もっと底辺はいくらでもあるだろう。ただ、これは、警察署長や税務署長で出ることとの対比で、政策形成に携わる中央官庁の役人の人事問題として論じられていることであり、懇談会の中間報告でやるべき実例として挙げられている以上、いや既にやっていたんですけど・・・というエントリに文句を付けられても、というところ。

問題はそれより、tari-G氏の「労働法以前に法の基本的なことを全く知らずにテキトーなことを述べている理由は分かった」という悪意に満ちたコメントの方。ここには、例の3原則の池田信夫氏やそのイナゴたちと共通する病理が露呈している。

私も一応大学で憲法の授業は受けているので「国家からの自由」と「国家への自由」などという概念自体は知らないわけではない。だが、そんな概念を絶対的なものと囚われていては、労働の現場は素直に見えませんよ、という話なのだ。

空調の効いた部屋で、分厚い憲法学の教科書を読むようなやり方で、労働問題を扱っては何も見えませんよ、という話なのだ。

憲法学だけの優等生君には労働が語れない。民法学だけの優等生君には労働は語れない。理論経済学だけの優等生君には労働が語れない。learnしたことを現実に合わせてunlearnしながら柔軟に議論を展開できなければ、恥を晒すだけなのだ。

(追記)

まあ、私も労働法以外の法律にうかつに手を出すと火傷しかねないので、この辺にしておきます。

« 「事実漬け」に勝るものなし | トップページ | ケインズに派遣を語らせるなかれ »

コメント

ああ、なるほど、納得です。

僕、つい、非常勤公務員との対比でイメージしてしまい、disってしまいました。ここの読者はそれがメインだと思うから。

ごめん。

そらあそうだわな。


警察に比べたらたいへんっていうのはそう。

でもね、今回のエクスキューズは、逆に警察官僚のトラウマに触れることになるよ。

彼らの「ドブ板」があのたのそれに比して楽だったと思う?

たしかに、表面上の出来事を切り取れば、なんかただチヤホヤされてるだけに見えるかもしれない。

けどね、パラシュート署長も、実は壮絶な苦労をしてるんだよ。

「部下」とのコミュニケーションにおいてね。
くわしくは説明しないけど、こんど、同窓会でもあったら聞いてみて。

そらあ、もう、learn-unlearn-learn-unlearnで必死ですよ。それではじめて「まあ、これだけ努力してるんだから、これくらいにしてやるか」的に「許される」んですよ。

本当に。しっかり聞けば、警察エリートの「ドブ板」時代のエピソードって本当にすごいからね。三次会までひっぱっていって、べろんべろんに酔わせたら聞かせてもらえるよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特定分野の優等生君が恥を晒す場所:

« 「事実漬け」に勝るものなし | トップページ | ケインズに派遣を語らせるなかれ »