フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 映画『蟹工船』の監督は山村聡だった | トップページ | 「事実漬け」に勝るものなし »

2009年1月12日 (月)

派遣労働者保護で与野党幹事長一致

いっとき製造業で派遣を禁止しろとかあらぬ方向に向かいかけた派遣法の議論ですが、ようやく大勢がまともな方向を向き始めたようです。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090111-OYT1T00497.htm

>与党と民主党の幹事長が11日、テレビ朝日の報道番組に出演し、派遣労働者の保護が必要との認識で一致した。

>国会で継続審議中の労働者派遣法改正案の修正協議が加速する可能性が出てきた。

 公明党の北側幹事長は「派遣元と派遣先の責任を明確化させるよう法制化すべきだ。派遣先は、雇用を切ったら再就職先をあっせんするとか、住居に一定期間入ってもらうとか、現実的な対応をしなければいけない」と述べた。これに対し、民主党の鳩山幹事長は「北側さんの意見に賛成だ。派遣先と派遣元の連帯責任をきちんとうたうことが大事だ」と同調した。

 自民党の細田幹事長は番組出演後、記者団に「与野党で一致する可能性があり、調整する」と語った。

現在の労働者派遣システムのどこに問題があって、どういう風に変えていくべきなのか、まとな議論のための一つの柱が、この派遣先責任の確立であることは、本ブログで過去繰り返し述べてきました。このほか、派遣労働者の待遇確保の問題、セーフティネットの確立の問題など、取り組むべき課題は山のようにあります。製造業派遣禁止などという悪しきギョーカイ主義に振り回されるロスタイムが少なく済みそうなことは望ましい限りです。

« 映画『蟹工船』の監督は山村聡だった | トップページ | 「事実漬け」に勝るものなし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 派遣労働者保護で与野党幹事長一致:

» [雇用]派遣の製造業分野への規制について [影緋炎s集合座標]
いつも、EU労働法政策雑記帳を読んでいるので、分野で派遣の規制とかおかしくね?と思っていたのだけど、今日ふっとその意味するところに気がついた気がしたのでエントリにしてみる。 製造業分野への規制、って、労働者保護とかとは全然関係無くて、傾向的に適していない分... [続きを読む]

« 映画『蟹工船』の監督は山村聡だった | トップページ | 「事実漬け」に勝るものなし »