« 派遣契約の不更新と雇用維持努力指導 | トップページ | 社会保険料の転嫁問題に関する権丈先生のご助言 »

欧州労連は迫り来るデフレを警告し、更なる金利引き下げを求める

昨日の欧州労連(ETUC)の声明

ETUC warns for looming deflation and demands deep cuts in interest rates

http://www.etuc.org/a/5629

>The pace of the slowdown in economic activity is alarming and is raising the prospect of strong disinflation rapidly turning into deflation. Expectations of average inflation over the next 10 years, derived from inflation indexed bonds, have already collapsed and are now close to zero (see Graph).

The ECB needs to win the race against disinflation. To prevent inflation from falling to zero and deflation to take hold, interest rates need to be slashed. Failure to do so will trigger a Japanese-style scenario of soaring real interest rates, higher debt burdens, postponed spending and a continuously depressed economy.

こういうところで「Japanese-style」が出てくるのもやなもんですが、「そうしなければ、実質金利の上昇、高債務負担、支出の延期、そして継続する経済停滞という日本型シナリオの引き金を引くことになるぞ」ってのが、脅しになるんですね。

|
|

« 派遣契約の不更新と雇用維持努力指導 | トップページ | 社会保険料の転嫁問題に関する権丈先生のご助言 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/25900179

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州労連は迫り来るデフレを警告し、更なる金利引き下げを求める:

« 派遣契約の不更新と雇用維持努力指導 | トップページ | 社会保険料の転嫁問題に関する権丈先生のご助言 »