« 中谷巌氏の「回心」再論 | トップページ | 2009年版経営労働政策委員会報告 »

2008年12月16日 (火)

地球環境は大事ですが・・・

欧州労連が、12日の欧州理事会で合意された温室効果ガスを20%削減するという合意に対して、「歓迎する」といいつつも、それによって影響を被る労働者に対する措置が十分でないと文句を付けています。

http://www.etuc.org/a/5667

>The European Trade Union Confederation (ETUC) welcomes the European Council’s agreement on the climate change package, while regretting the lack of accompaniment measures for workers affected by the consequences.

>ETUC renews its proposal to put in place a European low-carbon economy adaptation fund to accompany the transitions imposed on workers squeezed out of the workplace due to climate change measures.

ETUC maintains that a genuine social dialogue must get under way. With this aim in mind, it had already requested the creation of an advisory committee on climate change and today renews its call to the European Parliament.

The economic and financial crisis as well as the challenges created by climate change necessitate active employment policies based on the capacity for anticipation, control of social transitions and transparent financing.

These challenges represent a vast realm for social dialogue and negotiations at every level, both territorial and in companies.

そりゃ、地球環境は大事でしょう。でも、そのために職場から追い出される労働者のために、「欧州低炭素経済適応基金」を作って、ちゃんと手当てしてくれなくちゃ困りますよ、と。

地球環境を守れ!と市民団体みたいなことを言っていれば労働組合の責任が果たされるというわけではないのですから。

|
|

« 中谷巌氏の「回心」再論 | トップページ | 2009年版経営労働政策委員会報告 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/26232944

この記事へのトラックバック一覧です: 地球環境は大事ですが・・・:

« 中谷巌氏の「回心」再論 | トップページ | 2009年版経営労働政策委員会報告 »