« 社会全体への労働教育? | トップページ | 素人裁判員と労働委員会 »

シュタインマイヤー独外相の「雇用協定」提唱

ドイツのシュタインマイヤー外相(社民党)の提唱した「雇用の未来のための欧州協定」という提唱の英訳文が、欧州社会党のHPに載っています。

http://www.pes.org/downloads/European_Pact_for_the_Future_of_Employment_EN.pdf

>The basic philosophy behind this Pact is simple: we have to take vigorous action to protect jobs and prosperity.

協定の基本哲学はシンプルだ。我々は雇用と繁栄を守るために力強い行動が必要だ。

>1. Jobs must be our top priority. All European programmes should be examined to see how employment opportunities can be safeguarded or created in the short term.

第1,雇用が我々の最優先課題でなければならない。あらゆる欧州のプログラムは、いかに短期間に雇用機会を維持し創出しうるかで再検討されるべきだ。

>7. We are calling for an intensive dialogue between the social partners and use of comanagement.
For also at European level, it will only be possible to safeguard jobs if employers and employees face this challenge together.

第7,我々は労使間の集中的な対話と共同経営の活用を要求する。使用者と従業員がともにこの課題に向かい合うことでしか雇用を守ることができない。

|
|

« 社会全体への労働教育? | トップページ | 素人裁判員と労働委員会 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/25352430

この記事へのトラックバック一覧です: シュタインマイヤー独外相の「雇用協定」提唱:

« 社会全体への労働教育? | トップページ | 素人裁判員と労働委員会 »