« 「他人の経験」に学ぼうとする欧州労連 | トップページ | 医師を増やせば医療崩壊は止まる? »

2008年11月 2日 (日)

ジャコビー先生の「金融と労働」

比較労働法政策雑誌の秋号が、大変面白い特集をしています。

http://www.law.uiuc.edu/publications/cll&pj/index.html

サンフォード・ジャコビー先生の「金融と労働:リスク、不平等、民主主義の展望」という大論文をめぐって、サイモン・ディーキン先生はじめとする方々のコメントが並び、最後にジャコビー先生のリプライが載っています。

ジャコビー論文の最後の一節:

>The present does not repeat the past but it rhymes. The New York Times says that we are in the midst of a new Gilded Age and a new populism. The current financial crisis is putting government intervention and regulation back on the political agenda with a level of urgency not seen since the 1930s. Financialization also has brought the labor movement back, not like the 1930s, but nevertheless with a political and public relevance that make premature the claims of its demise. Today finance is the master. Will it once again become the servant? The outcome depends on the politics of the double movement.

今日、金融はご主人様である。それは再び召使いになるだろうか?その結果は「二重の運動」の政治にかかっている。

|
|

« 「他人の経験」に学ぼうとする欧州労連 | トップページ | 医師を増やせば医療崩壊は止まる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/24961159

この記事へのトラックバック一覧です: ジャコビー先生の「金融と労働」:

« 「他人の経験」に学ぼうとする欧州労連 | トップページ | 医師を増やせば医療崩壊は止まる? »