« 欧州労連 カジノ資本主義に終止符を | トップページ | 立場の弱い労働者の権利を守るフォーラム報告 »

阿部彩『子どもの貧困』岩波新書

垣田裕介祐介氏(お名前を間違えてしまい、申し訳ございません)の「こんな本が出る/出たそうです」によると、11月20日に岩波新書から、阿部彩氏の『子どもの貧困』がでるそうです。

http://www.h3.dion.ne.jp/~kakita/newbook.htm

阿部彩氏といえば、国立社会保障・人口問題研究所の研究員で、

http://www.ipss.go.jp/pr-ad/j/soshiki/kozin/abe.html

近年、貧困と社会的排除関係の研究で日本をリードされている一人です。

特に、EUの社会的排除指標にならって、日本の貧困と社会的排除の実態を分析した論文とか、母子世帯や子育て世帯の子どもの貧困を分析した論文など多数あり、まさにこのテーマにうってつけの方です。

社人研の『季刊社会保障研究』は公開されているので、昨年6月の社会的排除特集号の阿部さんの巻頭言と論文にリンクを張っておきます。

http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/18429201.pdf(「社会的排除」に関する実証研究の成果を届けるにあたって)

http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/18429204.pdf(日本における社会的排除の実態とその要因)

|

« 欧州労連 カジノ資本主義に終止符を | トップページ | 立場の弱い労働者の権利を守るフォーラム報告 »

コメント

先生のブログをいつも拝見しております。このところは「権丈節」への言及をお見かけしないため、勝手にさびしく思ったりしております。
このたびは、まさか私のホームページの情報をみてくださったことに驚いております。
ところで、私の名前は、「祐介」でなく、「裕介」です。よろしくお願いいたします。

投稿: kakita | 2008年10月 7日 (火) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿部彩『子どもの貧困』岩波新書:

« 欧州労連 カジノ資本主義に終止符を | トップページ | 立場の弱い労働者の権利を守るフォーラム報告 »