« 欧州議会が派遣労働指令案を承認 | トップページ | 五十嵐仁『労働再規制-反転の構図を読み解く』 »

2008年10月 9日 (木)

国際労働運動の財務大臣への公開状

OECDの労働組合諮問委員会(TUAC)のサイトに、国際労連(ITUC)、欧州労連(ETUC)及びTUACの連名で、G7財務大臣への公開状が掲載されています。

http://www.tuac.org/en/public/e-docs/00/00/03/38/document_news.phtml

>The global economy is teetering on the edge of a precipice. The coordinated interest rate cuts announced by six central banks are necessary but the G7 Finance Ministers meeting with Central Bank Governors in Washington on 10 October must initiate a major recovery plan to stabilise global capital markets, stave off the risks of a global recession and get back on the track to the creation of decent work..

6中銀による利下げは必要だが、明日のG7財務相中銀総裁会合ではさらなる回復プランを示せ、と。

>The G7 Finance Ministers and Central Bank Governors must put in place a coordinated recovery plan targeted at stimulating the real economy in the G7 and beyond. There should be further coordinated interest rate cuts as necessary. Governments should bring forward infrastructure investment programmes as well as measures to create “green jobs” through alternative energy development and energy saving and conservation. Direct tax and expenditure measures should be introduced to support purchasing power of median and low income earners.

さらなる協調利下げに加え、インフラ投資や代替エネルギー開発、中低所得層の購買力を維持するための減税や支出をやれ、と。

さらに、ここ20年間の規制なき「新たな金融アーキテクチャー」を批判した上で、

Beyond the immediate action, the G7 governments must work to ensure that a crisis of this scale does not happen again. Work on a new regulatory architecture must begin that covers not just banks but also the parallel financial system - hedge funds, private equity and what is left of the investment banking sector. In the future excessive leverage must be limited through counter-cyclical capital requirements applied to all financial institutions. There must be transparency and disclosure and the use of a “precautionary principle” for the prohibition of risky financial products. Tax rules should be changed to provide a level playing field for debt and equity financing of corporations. There must be a capping of executive compensation and an ending of the perverse incentives that have fuelled the destructive speculation of recent years. The remuneration and incentives of management must be re-linked to interests of the real economy and in reasonable proportion to employees as a whole. In short the new regulatory structure has to ensure that the financial system serves the real economy.

ヘッジファンドだのプライベートエクイティだの、こういう連中をちゃんと規制する仕組みを作れ、と。

最後のパラグラフですが、

>Cooperation must be extended at all levels G7, G8, Europe, OECD and at the International Financial Institutions to avoid regulatory arbitrage and ensure global reach. A meeting of G8 Leaders, with Labour and Finance Ministers should be held in the weeks ahead to map out the details of an emergency recovery plan for the G8. But working people require a seat at the table in these fora. They have little confidence that bankers and governments meeting behind closed doors will get it right this time – there must be full transparency, disclosure and consultation. The Global Union organisations are ready to play their role in this process.

G8の首脳、労働相及び財務相の会議を開け、と。そしてその席に労働組合も呼べ、と。銀行と政府だけでやるのは信用ならない、と。

われらが連合はITUC及びTUACの主要加盟組合ですが、残念ながら現時点では、そのHP上にこの問題への関心を窺わせる記事は見あたらないようです。

http://www.jtuc-rengo.or.jp/index.html

|
|

« 欧州議会が派遣労働指令案を承認 | トップページ | 五十嵐仁『労働再規制-反転の構図を読み解く』 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。貴ブログへの突然の書き込みをいたします失礼をお許しください。「運動型新党・革命21」準備会の事務局です。
私どもは、このたび「運動型新党・革命21」の準備会をスタートさせました。この目的は、アメリカを中心とする世界の戦争と経済崩壊、そして日本の自公政権による軍事強化政策と福祉・労働者切り捨て・人権抑圧政策などに抗し、新しい政治潮流を創りだしたいと願ってです。
私たちは、この数十年の左翼間対立の原因を検証し「運動型新党」を多様な意見・異論が共存し、様々なグループ・政治集団が協同できるネットワーク型の「運動型の党」として推進していきたく思っています。
★既存の中央集権主義に替わる民主自治制を組織原理とする運動型党(構成員主権・民主自治制・ラジカル民主主義・公開制の4原則)
この呼びかけは、日本の労働運動の再興・再建を願う、関西生コン・関西管理職ユニオンなどの労働者有志が軸に担っています。ぜひともこの歴史的試みにご賛同・ご参加いただきたく、お願いする次第です。
なお、「運動型新党準備会・呼びかけ」全文は、下記のサイトでご覧になれます。rev@com21.jp

投稿: 革命21事務局 | 2008年10月 9日 (木) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/24380311

この記事へのトラックバック一覧です: 国際労働運動の財務大臣への公開状:

« 欧州議会が派遣労働指令案を承認 | トップページ | 五十嵐仁『労働再規制-反転の構図を読み解く』 »